今は、そこを辞めて借金終わらし2年経過し隣県の医療法人に身を寄せています。 私はうつ病で、現在休職中で傷病手当てをいただいています。今月で4ヶ月目の休職期間となるのですが、会社からは6ヶ月以上の休職は退職となると言われています。ですが、正直なところあと2ヶ月で働けるようになるか自信がありません。 傷病手当をもらい鬱病をじっくり治すことができました。, ぽんたちゃんさん、コメントと貴重な情報ありがとうございます! 私の主人が現在休職中です。うつ病、適応障害との診断で、休職して2ヶ月が経ちます。 転職を繰り返す人はどうして何度も転職を繰り返すのでしょうか。もしも本当は何度も転職したくない、と思っているとしたら転職を繰り返さないためにはどうしたらいいのか知る必要があります。今回は転職を繰り返す人について原因や対策を解説していきます。 上記の点は、派遣社員などにも対応は可能なのでしょうか? 精神障害の労災認定要件 自分も申請出来るのでしょうか?またどこに申請すれば良いのでしょうか? ですが、金銭的なことを考えると復帰しなければ生活していけません。 あまり無理なさらないでくださいね。, コメント失礼致します。 派遣社員の方でも「退職前に継続して1年以上被保険者期間がある」という条件を満たしていれば傷病手当は申請できます。, もし現職が1年未満の場合でも前職と同じ加盟している健保協会にて1日の空白期間がなければ職場が変わっていても問題ないようです。 うつ病の再発率は60%もあり、その後再発を繰り返すとさらに再発率が高くなるとされています。 再発を防ぐために、ご本人は職場復帰をあせらないこと、また、ご家族も復帰に向けた休業中の安心できる環境をつくることが円滑な職場復帰を支援するうえで大切です。 うつ病が理由で転職を検討していませんか?しかし、いきなり転職活動を行うのではなく、まずは休んで慎重に検討・行動することで、最適な道が見えてきます。うつを抱えている人が転職をはじめる前に考えるべきこと、しておいた方がいいことを解説します。 自分では分からないという場合は派遣先もしくは自身が加入している保険協会へと問い合わせをしたほうが確実かもしれません!, うつ病かもしれないという不安があるのなら少しでも早く心療内科やカウンセリングを利用して自身の体調や状況を専門の方に診てもらったほうが良いと思います! 転職したばかりで必死で精神的に疲れててたぶんうつ病だと思いますが、ただでさえ生活するのに精一杯なので、お金が心配で休むことができません。。。アルバイトの場合は傷病手当はもらえますか、、??, コメント失礼します。 とても責任感が強く完璧主義、裏表がなく真っ直ぐな性格です。まさにうつ病になりやすいタイプかと思います。 身体的な病気やケガを負った場合とは異なり、心の病となると、仕事に携わりながら治療を行うことは難しいとされています。, その代表がうつ病ですが、うつ病を発症した場合、休職や退職などの措置をとり、治療に専念することがベストであると考えられています。, ここでは、うつ病で退職した場合、その後の再就職に向けて心がけるべきことについてお伝えします。. 休職し、2ヶ月以上が経ちますがまだ前を向くことは出来ずこれからどうしたらいいのか悩む日々です。 私に1点批があるのを認めますが。会社側から会社の不利益になるから辞めろと言われ。てからの発症で。, 職場に電話をかけたりはしてますが。 私は妻として、どんな言葉を掛けてあげたらいいのでしょうか。私は彼にまた輝いて欲しい、そのための休みだ、と言い聞かせて彼が休んでいる事は賛成です。しかし彼自身は休む事すら辛い、何もしないで生きる事が辛い、と言っています。サポートする側としてアドバイス頂けたら幸いです。, 最近鬱病と診断されまして。 精神障害の労災認定要件は以下のように定められており、うつ病もこれに該当します。 転職し1ヶ月経ってから鬱状態になり、辞めざる得ない状況だった為先月末に退職し、現在は自宅療養中です 転職先では社会保険は1ヶ月しかかけてません。, こんにちは❗サワタリ様や皆様の文を読ませていただいて、もう少しやれるかな?と思うようになりました。実は一度10年前にも鬱病の診断受けて偶然にもその時の病院受診して、同じ薬を処方してもらっています。 休職中で傷病手当を受給しているとのことですが、退職後でも心療内科に通院しながら傷病手当を受給することは可能です。, 現在はご自身と医師→会社の流れで傷病手当金の申請書類を保険協会に提出されているかと思いますが、退職後は会社以外の書類(申請書類1,2,4になります)をご自身で提出するようになります。  今思うと、恐ろしい場所にいて戦った時の疲れも出た鬱病かもと思います。 今は、介護のアルバイトや食品工場のアルバイトを掛け持ちして一ヶ所からの収入だけではなくリスク分散する事で、やりくりしています。正規職員としての責任を背負い込んで病むよりは?というのもあり、以前のデイサービス勤務でその会社の社長から借金までさせられた事もあっての体制作りです。 傷病手当以外にも労災認定を受けることで傷病手当と合わせて最大3年の時間を確保できるんですね!, 現在、傷病手当を受給しながら通院しているので、今のところは労災認定を受ける予定はありませんが今後の知識としてしっかり覚えておきたいと思います。, 知らなかった情報なので、とても勉強になりました。また、ぽんちゃんさんが時間を確保して治すことができて良かったです!, 一年間研修期間でアルバイトみたいなかんじで、一年後には正社員になれるという条件で今アルバイトとして働いています。 退職して、新しいところをなんとかして探した方が良いのかと思い悩んでおります。 私は2015年に入院をして3ヶ月程休職をしていたのですが、1度休職を取ってしまったら次は何年か経つまで取得出来ない等の決まりがあるのでしょうか?, はじめまして。ひろと言います。私は今日心療内科に行き、休職の診断書を貰ってきました。1ヶ月休職と書いて頂きました。子会社から親会社に出向している立場だったのですが4月から所属会社に戻ることになり、また激務が始まることを想像して体調がおかしくなってきました。適応障害と抑うつ状態とのことで入眠障害、手汗が止まらない状態です。休職できるかわかりませんが、こちらを見掛けたので機会がありましたら相談させて頂きます。, ブログ読ませて頂きました。 こんにちは、サワタリタツヤです。 うつ病を発症してから4ヶ月の期間を経て、先日会社へ退職する気持ちを伝えました。 結論から言っておくと、うつ病かもと思った方は先ず退職ではなく必ず休職を選択してください。 僕がこう断言する ずっと眠いです。, 夫の扶養で、雇用保険に入ってないので。そのままの形で。医師からは会社を辞めてしまった方があなたは良くなると思う。っと言われました。10年以上お付き合いがある内科の先生ですが。日々、鬱病ではなく精神的に少しグレー気味で。漢方薬を飲んで様子を見てましたが。完璧死にたい死にたいと思うようになってしまい。どうやって職場に行こうか。困っております。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトでは、うつ病をキッカケに”自分らしく豊かな生活”を実現させる為の仕事や暮らし、考え方について自分の経験をもとに発信しています。自分のために実践したことが同じ境遇で困っている誰かのためになりますように。, うつ病をキッカケに退職 →自分らしい豊かな生き方を模索するデザイナー。"自分のためにが誰かのために"をモットーにブログを運営しています。, うつ病の可能性があり心身共に限界がきている状態であれば、自分を最優先し思い切って休職という制度を検討してみてください。, https://sarunomad.jp/wp-content/uploads/2018/12/sarunomad-logo_new.png. 2.対象疾病の発病前おおむね6ヶ月の間に、業務による強い心理的負荷が認められること ただ今は抗うつ剤を沢山飲んでいる為。 私自身もしかしたらうつ病かもしれない恐れがあり収入面で途絶えるのが心配です。, kkeennさん、コメントありがとうございます! 私は、勤続年数が10年ありましたので、1年6か月休んで、その後さらに1年6か月の 休職期間中に体調改善が見込めず無理して復職するのは体調を悪化させかねないので、退職後も傷病手当金の受給(最初の受給から最長1年6ヶ月)を検討してみてはいかがでしょうか?, いま1番大切なのは、はにねサンの体調を改善させることなので、傷病手当金を上手く活用してストレスを最小限に減らせる療養に最適な環境をつくれるよう祈っております。, 労災の可能性があると思います。 金銭面で、他にやりくりする方法はないものでしょうか? 最寄りの労働基準局にいって相談してみてはいかがでしょうか。 10数年心血注いで働いた職場をロックアウト解雇され、その後転職しましたが、前職でのトラウマ、また新しい職場でもなかなか力を発揮できず、毎日終電まで残業しながら頑張っていましたが、心が悲鳴を上げました。  借金の件は、色々な方々のお陰で解決出来ましたが、其所にいた際には心臓病で救急搬送されても休職や退職もできなかった状態でした。 3.業務以外の心理的負荷及び個体的要因により対象疾病を発病したときは認められないこと 労災が降りる可能性は40パーセント前後との事です。 戻りたくないので、退職願を出したいと思ってます。契約書には2ヶ月前と書いてありますが。在籍した形で。日付を書くべきか。そのまま、就業出来なくなった日を書けばいいのか?悩みでいます。 歩くのもままならない状態です。  もし何か手立てあらばご指導お願い致します。, 現在上司のパワハラに近い態度で若干鬱に近い感じなのです。 結論から言っておくと、うつ病かもと思った方は先ず退職ではなく必ず休職を選択してください。, しっかりと自分の身体を休めるのに欠かせないのは、休むための時間と金銭的不安がない環境です。, 僕自身が、うつ病と診断された当初も会社の人に迷惑をかけている申し訳なさから「すぐにでも退職した方が良いんじゃないか…」と何度も思いました。, こういった不安定な状態では判断力が下がるので、休職や退職といった自分の生活に関わる大切な判断には注意が必要。, 休職(きゅうしょく)とは雇用されたまま長期間の労働義務が免除され、かつ雇用契約はそのまま持続すること。何らかの理由により就業が不可能になったときに、就業規則などの定めにより適用される。 引用:ウィキペディア 休職, 主に正社員を対象に多くの会社は「病気やケガで一時的に働けなくなった時、しばらく休みを取らせて回復を待つ制度」を設けています。, 僕は休職期間で自宅でゆっくりと過ごす時間を確保して休むことで精神的にも身体的にも症状が軽減されていきました。, 仕事を休むと会社の方に迷惑をかけてしまう…と考えがちですが1番大切なのはアナタの健康です。休職制度を利用してしっかりと心と身体を休める時間を設けることを検討しましょう。 ※休職期間中のお金(傷病手当金)に関しての詳しい説明は下記に書いています, 僕の場合は当初3ヶ月の休職期間でしたが、3ヶ月時点で復職できる状態では無かったため上司に連絡をして1ヶ月休職を延ばしてもらいました。, 休職してしっかりと治療を行っていても期限内に回復が見込めない場合は、担当医に症状を伝えた上で改めて診断書を書いてもらい直属の上司または人事へすみやかに連絡を入れましょう。, しかし休職期間の延長は必ず認められるという訳ではなく、会社の就業規則にのっとり判断が行われる場合が多いので、アナタがもし休職の延長を考えているのであれば、務めている会社の就業規則を一度確認することをオススメします。, 会社を休んで迷惑をかけているから…と、不安に急かされて退職を急ぎすぎると後から後悔しかねません。, 退職という最終手段は、休職期間を利用し自分の時間をしっかりと確保してから判断し、自分の未来の為に後悔が少しでも無いような選択をできる環境を作りましょう。, あくまで休職期間の延長はアナタの症状改善と復職して欲しいという会社側の想いの元で認められます。単に期間延長を申請するだけではなく、休職によって症状が回復している様子や働きたいけど働けないという気持ちの面も伝えてみましょう。, 休職でしっかりと休む時間を確保できても、これまであった収入が途絶えるのは精神的にストレスを生み続けます。, 更に詳しい情報は全国健康保険協会の病気やケガで会社を休んだとき(傷病手当金)から確認できます。, 仮にアナタが、うつ病と診断され仕事に行けない状態になり休んだ初日〜3日後迄に退職をしてしまうと就労不能期間が3日となり、傷病手当金を受給することができませんので注意してください。(待機期間の3日間については支給されず、4日目以降の仕事に就けなかった日に対して支給されるため), 健康保険に加入している方であれば4日以上の欠勤から受給できる制度となっているので、お金による生活のストレスを最小限にして治療を行うためにも必ず傷病手当金の申請を行いましょう。, 僕も休職当初はお給料が支払われないことへの不安が凄くありましたが、傷病手当金制度を知って実際に利用することで、お金の心配をすることなく治療に専念できました。, うつ病の症状が出ているのにも関わらず給料が支払われない不安から無理をして働いている方は症状を更に悪化させかねません。傷病手当金制度を利用を視野に入れて、一度しっかり症状を改善させるための期間を設けてみることも検討してみましょう。, 退職を決めた理由は、一度しっかりと時間をかけて、うつ病を再発させない精神的・身体的な回復をはかるためです。, 会社は僕が復職できるように休職期間を設けてくれたにも関わらず「このまま退職して良いんだろうか…」という罪悪感もありました。, ですが、中途半端に復職し再び休職を繰り返すのは自分にとっても会社にとっても良いことはなく、将来の自分のためにも今はしっかりと自分と向き合うことが最優先であると考えた結果です。, 僕が会社へ退職を伝える際には、直属の上司・社長とそれぞれ実際に会って話をしました。, これは退職した後に自分の中で「あの時こうしておけば良かったな…」という後悔を1つでも無くすためです。, うつ病の症状が重く、会社へ行けない人もいるかと思いますが、出来る限り実際に会う・電話で話をしたりと、メールでの文章だけのやりとりで終わらせないほうが良いでしょう。, 僕自身が上司や社長と会って休職した際のお礼を伝えた上で、自分のために退職を決意した想いを伝えた後は、応援してくれていることもあり心の中のモヤモヤが凄く晴れました。, もしアナタが、うつ病の可能性があり心身共に限界がきている状態であれば、自分を最優先し思い切って休職という制度を検討してみてください。, うつ病は放っておくと回復までの時間が長くかかるため、症状を悪化させないためにも早めの休息と治療が大切です。, 休職する方は自身の症状改善のためにも、傷病手当金制度を上手く使い金銭的なストレスを抑えながら治療に専念してください。, コメント失礼します。 うつ病で退職…再就職に向けた転職活動はいつ頃から始めるべき? 収入のことを考えると、できるだけ早く転職活動を開始したい気持ちは分かります。 しかし、うつ病で休養中は再就職のことについてあれこれ考えず、治療に専念することが大切です。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 第一選択肢は休職。それが認められない場合、および休職期間内に回復の見込みが低い場合には退職となります。, うつ病とはストレスに起因する病気であり、その治療においては、「いかに原因から遠ざけられるか?」が重要なポイントとなってきます。, うつ病になった原因が仕事にあるのであれば、ひとまず仕事から距離を置き、休職なり退職なりの措置をとる必要があります。, ほとんどの会社には休職制度が設けられており、一時的に長期休暇をとり、病気やケガの療養に充てることができます。, 「仕事を休んでいると、その間収入がゼロになるのでは…」と懸念されている方もいらっしゃるかもしれませんが、休職中も手当を受けられる「傷病手当」という制度もあります。, もちろん、うつ病などの精神的な病気を患った場合にもこの休職制度や傷病手当金が適用されますので、活用しない手はありません。, しかしながら、病状が非常に重く、会社が定める休職期間中では回復する見込みが低いと判断された場合には、「退職」という手段をとらざるを得なくなります。, しかし、あまり前もって切り出す必要はなく、休職期間ギリギリまで休職をし、できれば休職期間を過ぎてから、上司に退職を申し出るようにしましょう。療養が何にも優先します。, なお、あなたが「ブラック企業」と呼ばれるような会社に所属している場合には、たとえ医師より休職を勧められたとしても、休職を認めてもらえないケースも。, その場合、無理をして頑張り続けて症状を重篤化させるくらいなら、ダイレクトに「退職」という選択肢をとったほうがよいかもしれません。, うつ病で退職するか否かが問題ではなく、面接時に退職理由として正直にうつ病を告げることは残念ながら不利になります。, 会社の上司との関係やノルマの重圧からくるストレスをきっかけにうつ病を患ってしまった人のなかには、「うつ病で退職すると、再就職に不利になるのではないか?」と考えている人もいらっしゃることでしょう。, ストレス社会に生きる現代人にとって、うつ病はまさに現代病とも言える病気であり、うつ病の症状と闘っている人はあなた以外にもたくさんいます。, したがって、そのような状況について面接官自身もよく理解しているものと思いがちですが、残念ながら面接時にうつ病であることを伝えることによって、面接に不利に働いたというというケースが多いのが現状です。, 実際問題、うつ病は症状が良くなったとしても再発するケースが多く、そのたびに休みをとっている人が多いのです。, 働き手が一人いないだけでも会社の営業利益に響いてきますので、リスクの高いうつ病既往歴のある人の採用を避けたいというのが会社側の思惑のようです。, したがって、再就職時の面接において退職理由を尋ねられた場合には、うつ病に限らず「病気をしたから」とか「人間関係で」「前の会社の残業が多かったから」といった採用側の不安をあおるような返答はマイナスに働く可能性が高いことを心に留めておかねばなりません。, 実際には上記のような理由で退職へと追い込まれたとしても、面接時には口に出すべきではありません。, そうではなく、たとえ嘘でも「○○がしたいから」といった前向きな回答を用意しておくと再就職がスムーズにいくでしょう。, あなたはもう十分に正直に頑張ってきたはずです。これ以上自分を追い込まず生きていくためには、多少の方便も必要なことを知ってください。, しかし、うつ病で休養中は再就職のことについてあれこれ考えず、治療に専念することが大切です。, うつ病は俗に「心の風邪」とも呼ばれていますが、一般的な風邪とは異なり、薬を飲んで暫く安静にしていれば治る病気ではありません。, 「早く復帰しなければ…」という焦りの気持ちが症状のさらなる悪化を招くことも考えられますので、うつ病により前職を退職後、休養している間は仕事や転職のことから離れ、とにかく療養することのみを考え、生活を送ることが大切です。, うつ病が軽快したかどうかについては、自分では判断しづらいものです。「症状がだいぶ回復したな」と思ったら、主治医に相談してみましょう。, 主治医より「職場復帰可能」という診断が下されたら、再就職に向けて転職活動を開始しましょう。, 先ほどもお伝えしたように、うつ病は再発リスクの高い病気ですので、くれぐれも再就職後1~3ヶ月の間は頑張りすぎないように注意が必要です。, これまで頑張って勤めてきた会社を、うつ病を理由に辞めなければならないということに対して抵抗を感じているのはあなただけではありません。, しかし、うつ病は状況を変えない限り、症状が良くなるはずがありません。それどころか、症状のさらなる悪化が想定されます。, 上司との関係やノルマの重圧からくるストレスをきっかけにうつ病を患い、ただ一人もがき苦しんでいるのであれば、いったん休職や退職をし、心の休養に専念しましょう。, 日常生活のストレスをゼロにすることはできなくても、一つずつ取り除いていくことでストレスフリーに近づくことはできるはず。, 女性がもっとストレスフリーで輝けるように。 それは、職場の人間関係かもしれない。 この時期気になる肌荒れかもしれない。 穿けなくなった去年のスキニーかもしれない。 忙しい日々を生きる女性の抱えるどんなストレスも解消するヒントがみつかるように、丁寧に綴ります。, 飲む日焼け止めリブランコートならシミくすみケアも♡美白女子が頼る実力とは?【愛用歴2年】, 【LINEが開けない】「このAppの共有は取り消されました」はファミリー共有が関係?. 1.対象疾病を発病していること Sponsord Links この記事を読んでいるあなたは、うつ病が理由で転職を検討しているのではないでしょうか?, 特に仕事内容や職場の人間関係が原因でうつになったなら、「いますぐ転職したい」と思うのは当然の流れかもしれません。, それ以外の原因でうつになったり、原因がわからなかったりしても、「環境を変えたい」と思って転職したくなることもあるでしょう。, しかし、うつになったからといっていきなり転職活動を行うのではなく、慎重に行動することをオススメします。, 転職するにせよしないにせよ、ある段階をきちんと踏んだかどうかで、その後の社会人生活が大きく変わるからです。, 休職当初は転職を考えていたのですが、諸々の段階を踏まえたことで、復職し在籍を続けました。, その後うつ病とは無関係な理由で転職をしたのですが、休職期間中の行動はその後の社会人生活の充実に影響があったと実感しています。, そこで今回は、私の経験も踏まえて、うつを抱えている人が転職をはじめる前に考えるべきこと、しておいた方がいいことを解説していきます。, いまの職場からすぐにでも離れたいのはわかりますが、うつ症状が強いときは判断力や思考力が鈍っています。, 加えて、うつ状態が安定しないまま、働きながら転職活動までしようとすると、体力が保たなくなりがちです。, 結果、後になって「あれは間違いだった」と後悔するような性急な結論を出してしまう可能性が高いのです。, まずは、一定期間の有給休暇を取得できないかを上司・職場と相談して、療養期間を設けてください。, 「体調が優れず、業務に支障が出ているから休みたい」というシンプルな伝え方で大丈夫です。, うつが回復する過程でいまの職場に留まった方がいいと考えが変わることもありますので、転職のことは伏せておくのがよいでしょう。, 本格的に療養したい場合や、職場が前項の休暇を認めない場合は、主治医から診断書をもらうようにしましょう。, 公的な文書である診断書があれば、労働契約法第五条の「労働者の安全への配慮」に基づき、職場も休暇を認めます(本来、休暇申請があれば診断書がなくても認めるのが当然ですが)。, 逆に、うつの診断書を提出することで、上司・職場の側から長期の休職を打診されることもあります。, 特に休職時の給与の扱いは就業規則に定められており、一定期間であれば給与を保障している会社もあります。, ちなみに、休職することになった際は、上司の対応や同僚の反応をよく観察しておくことをおすすめします。, いまあなたが身を置いている会社が労働者に配慮できる優良企業かどうかを見極めるよい機会になるはずです。, 回復につながるだけでなく、現職が「ホワイト」かどうかを吟味する材料にもなるため、転職を迷っている方は一度休職するのもよいでしょう。, ①や②の休養を取って余裕が出てきてから、転職と復職のどちらがいいかを改めて考えましょう。, やはり転職した方がいいと判断した場合は、転職に向けた準備を始めていく必要があります。, その際は、この後の3章で詳述する確認事項に注意しつつ、転職活動を進めていくとよいでしょう。, 特に、うつの症状に理解のある主治医、就職エージェント、就労移行支援事業所といった第三者の意見を仰ぐことが大切です。, 先述のとおり、例えばわたしは以前転職を見越して休養を取っていたのですが、その際の現職の対応や転職の不安定さを目の当たりにして、考えを改めたひとりです。, うつが強いときには早く転職したいとばかり考えていたのですが、距離を置いてみることで現職のよい面が見えてきました。, 重要なのは、転職によって本当にあなたの生活が楽になるのか、うつの要因は現在の職場環境にあるかどうかを吟味することです。, それをよく考えた上で、転職を決めた場合は転職の理由が明確になっていることでその後の活動もうまく進みやすくなります。, 休養期間中に転職と復職のどちらがいいかを天秤にかけて、じっくり判断してみましょう。, ここでは、うつを理由に転職するのと復職するのと、どちらがいいかを判断する材料として、事例を3つ紹介いたします。, 繰り返しになりますが、大切なのは、「転職によって本当にうつが楽になるのか、働きやすくなるのかどうか」です。, 場合によっては2番目の事例のように、復職後に異動を経ることで転職と同じ効果が得られることもあります。, なお、個人の特定を避けるために、これから挙げる事例は趣旨を歪めない範囲で一部事実を変更してありますので、その点はご承知おきください。, 一つ目の事例は、休養中になぜうつになったかを考えることで、自分の適性に気づき、担当替えを申し出たというケースです。, その人は転職を考えて休暇を取得していましたが、その期間に以下のような点を考え直したそうです。, 上記を考えることで、うつになった原因はその企業・職種全体にあるわけではなく、特定の業務だけがどうしても自分に合わずに負担になっていることに思い至って、現職に留まることにしたとのことです。, そして、その合わない業務については上司に相談して担当を替えてもらうという対応を取ってもらっていました。, 休養中にうつになった理由を吟味することで自分の適性を知り、現職に留まることにしたという事例です。, 事例の二つ目は、復職後すぐに異動を経たことで転職したのと同じ結果になったケースです。, わたしは1年近い長期休職のあとで復職しましたが、勤務に慣れたところですぐに異動したことで環境が変わり、旧部署で感じていたストレスから解放されました。, どういった業務であれば健康に働けるのかといった希望をしっかり伝えることで、その点を斟酌したうえで異動させてもらえる可能性が高まります。, わたしの場合は、環境だけでなく業務内容もがらっと変わったことで、転職と同じような結果になり、うつを寛解させることができました。, その人の場合は過労死ラインを超えるような残業が続いたことでうつになり、休職後により労働時間の少ない企業へ転職しました。, その人はオーバーワークがうつの原因だとわかっていたこともあり、労働時間の少なくなった転職後はうつ状態から脱することができて、いまでは健康な生活を送っています。, 労働時間だけでなく、通勤時間も減らすことができた点も、うつが改善した理由のひとつのようです。, 転職活動において狙うべき採用枠が変わってくる事項もありますので、一つずつ詳しく見ていきましょう。, 医師の診断に従わずにうつが重いまま転職活動をはじめると、症状が悪化して回復が遅れてしまう可能性があります。, 仮に就職先が決まってもそのころには疲れてしまって、着任直後にまた休みはじめてしまうということにもなりかねません。, 転職活動をする際は、まず主治医やカウンセラーなどに相談して、自分のうつの状態を確認してからにしましょう。, 2番目に確認しておきたい点は、「うつであることを応募先にオープンにするかどうか」です。, うつをオープンにして就職活動・就労を行ういわゆる「オープン就労」の場合、「障害者枠」へのエントリーが可能になります。, うつへの配慮を受けながら働きたいという方は、この障害者枠(オープン就労)の転職がよいでしょう。, 一方で、うつをできるだけ非開示にして働きたいという方には、「一般枠(クローズ就労)」がオススメです。, 基本的には、障害者枠は配慮を受けられる分だけ給与や雇用枠の選択肢が少なく、一般枠は給与や雇用枠の選択肢が比較的多くなるといった違いがあります。, うつを含む精神障害を抱える人の就職一般については以下の記事にまとめてありますので、よろしければ目を通してみてください。, 実際に人事を担当していたわたしの経験を交えて書いてありますので、参考になる点があるかと思います。, 3点目は、「精神障害者保険福祉手帳(通称:障害者手帳)を取得するかどうか」になります。, 先述した障害者枠への転職を希望する場合には、この精神障害者保健福祉手帳が必要です。, ④の専門家や支援者とも「取得した方がよいか」を相談しながら、取得する場合は、お住まいの市区町村のウェブサイトなどで取得方法を確認しましょう。, 通常の転職活動と違って、うつでの転職活動は、就職後の職場定着までをふくむ様々な事例に触れた上で就職先を考える必要があります。, うつの状態を客観的に見て判断してくれる専門家・支援者の存在があった方が、転職を有利に進めることができるのです。, 専門家・支援者としては、前にも挙げた主治医やカウンセラーのほかに、後述する就労支援事業所や転職エージェントなど、うつを抱えた人の転職に理解のある機関がおすすめです。, 転職したあとにうつが再発しないようにサポートをしてくれる場合も多いので、そういった就労支援サービスを活用するとよいでしょう。, オープン就労でもクローズ就労でも、基本的には体調不良者に対する配慮が行き届いた企業かどうかが分かれ目になってきます。, ここからは、うつで転職する人に適した就職先を見分けるポイント4点を順に見ていきましょう。, ポイントの一点目は、「うつや障害のある人のためにメンタルヘルス研修などを実施しているかどうか」です。, 2014年に労働安全衛生法が公布されて以来、2015年12月にはストレスチェック制度が義務化されるなど、労働者のメンタルヘルスへの取り組みが重視されるようになりました(参考:厚生労働省「ストレスチェック制度導入マニュアル」)。, それに伴い、コンプライアンスの面でもメンタルヘルス研修や産業医面談の充実といった、うつや障害のある人への配慮を前面に押しだす企業が増えてきています。, 経営陣や人事担当者がメンタルヘルスに理解のある企業であれば、クローズ就労であってもきちんとケアをしてもらえるため、職場定着もスムーズに進むはずです。, 転職先を探す際には、採用ページにメンタルヘルス対策への取り組みが記載されているかを確認してみてください。, 福利厚生には社会保険が含まれる「法定福利厚生」と、育児・介護休職や住宅補助などが含まれる「法定外福利厚生」の2種類があります。, 法定福利厚生は前提として、法定外福利厚生は企業によってかなりばらつきがあるため、しっかりと確認を取っておくことが必要になります。, 実際に休みを取るかは別にして、休職制度が整っているだけでも安心感は変わってくるかと思います。, もし福利厚生の点で曖昧な説明しかしてもらえない企業があれば、従業員の心身の健康に関心が薄い可能性を疑った方がいいかもしれません。, たとえば「冬季うつ」や「気象病み」という言葉がありますが、寒暖差や気圧の変化にさらされると体調を崩してしまうことがありますよね。, 例えばフレックス制や裁量労働制などの柔軟な勤務形態を取っている企業であれば、職場定着がスムーズに進みます。, 全体的にはそういった仕組みがなくても、個別の事情に応じて一時的な短時間勤務への切り替えなどが可能かどうかということも確認しておくとよいでしょう。, 勤務時間を減らして健康になったら通常通りに働くというパターンが当たり前のように受け入れられている企業であれば、うつや障害への配慮も行き届いている可能性が高いです。, ご紹介してきたように、「うつからの転職」に気をつけるポイントには、「うつが関係しない、通常の転職」と異なる部分があります。, それは、給料・ボーナス・昇給・昇進などの待遇や、通勤時間・経路・手段、休日の曜日・日数などです。, 特に職場にうつの原因があった場合、「その原因がない職場であればどこでもいい」などと考えてしまいがちです。, 例えば、「残業時間が短いのであれば、給料は多少低くなっても構わない。通勤時間が伸びても大丈夫」などといったことです。, 実際に、「給料が下がっても、快適に働けるために、総合的には状況がよくなった」事例は珍しくありません。, しかし、「この給料だと、思ったよりも生活水準が変わるな…」「通勤時間が長いと、ストレスが溜まるな…」などという状況になることもありえます。, 「うつ病を経験した自分」に合う職場を探すことはもちろんですが、それ以外の待遇などについても、「自分が仕事・職場に求めること」が何なのかを、しっかり確認しましょう。, そこでわたしがオススメしたいのは、法律に基づいて設置されている就労移行支援事業所の活用です。, 就労移行支援事業所は、うつなどの精神障害を持っている人を支援するサービスであり、転職活動に役立つスキルを身につけたり、精神的なサポートを受けたりすることができます。, 負担額が無料かどどうかなど気になる点が多々あるかと思いますので、以下に詳しく解説してきます。, 就労移行支援事業とは、障害者総合支援法に基づいて行われる、障害のある方向けの就労支援サービスです。, 障害の程度や勘案すべき事項を踏まえた上で、お住まいの各地区町村にて、個別に利用の可否が判断されます。, また、サービスを受ける上で障害者手帳の所持は必須ではなく、医師や自治体の判断によっても利用可能です。, うつがなかなか安定せずに転職活動が進まないという人でも、安心してサービスが受けられるでしょう。, 負担額についてもっと知りたいという方は、地元の役所や各事業所に確認してみましょう。, 上記のように、転職前の準備から転職後の仕事の進め方までサポートを受けることができます。, ほとんどの支援所は、無料相談・無料見学・無料体験利用を行っていますので、お近くの事業所や支援内容が気になる事業所に問い合わせてみることをオススメします。, この記事では、うつで転職をする前に確認すべきことから、転職先を探す際のチェックポイントまで解説してきました。, その上で、転職する場合、成功させるためには、医者や就労移行支援事業所などの専門家・支援者を頼りましょう。, さて、私たちキズキビジネスカレッジは、うつや発達障害の方のための、就労移行支援事業所です。, 就労移行支援事業とは、一般企業での就職や、仕事で独立する事を目指す障害者の方の、本人に適した職場への就職・定着を目的として行われる、障害福祉サービスの1つです。, ADHDであることが診断書から明らかな場合などは、国の補償で最低0円から就労支援を受けられることもあります。, キズキビジネスカレッジの特徴は、会計・ファイナンス、マーケティング、プログラミング、ビジネス英語などの高度で専門的なスキルを学べる講座やプログラムを用意していることです。, 少しでも気になる方は、【キズキビジネスカレッジの概要】をご覧の上、お気軽にお問い合わせください(ご相談は無料です), うつになったからといっていきなり転職活動を行うのではなく、慎重に行動することをオススメします, 休職当初は転職を考えていたのですが、諸々の段階を踏まえたことで、復職し在籍を続けました, 私の経験も踏まえて、うつを抱えている人が転職をはじめる前に考えるべきこと、しておいた方がいいことを解説していきます, 後になって「あれは間違いだった」と後悔するような性急な結論を出してしまう可能性が高いのです, まずは、一定期間の有給休暇を取得できないかを上司・職場と相談して、療養期間を設けてください, 本格的に療養したい場合や、職場が前項の休暇を認めない場合は、主治医から診断書をもらうようにしましょう, 特に休職時の給与の扱いは就業規則に定められており、一定期間であれば給与を保障している会社もあります, ①や②の休養を取って余裕が出てきてから、転職と復職のどちらがいいかを改めて考えましょう, うつの症状に理解のある主治医、就職エージェント、就労移行支援事業所といった第三者の意見を仰ぐことが大切です, 重要なのは、転職によって本当にあなたの生活が楽になるのか、うつの要因は現在の職場環境にあるかどうかを吟味することです, うつを理由に転職するのと復職するのと、どちらがいいかを判断する材料として、事例を3つ紹介いたします, 休養中になぜうつになったかを考えることで、自分の適性に気づき、担当替えを申し出たというケース, 合わない業務については上司に相談して担当を替えてもらうという対応を取ってもらっていました, 勤務に慣れたところですぐに異動したことで環境が変わり、旧部署で感じていたストレスから解放されました, 労働時間の少なくなった転職後はうつ状態から脱することができて、いまでは健康な生活を送っています, 2番目に確認しておきたい点は、「うつであることを応募先にオープンにするかどうか」です, 障害者枠は配慮を受けられる分だけ給与や雇用枠の選択肢が少なく、一般枠は給与や雇用枠の選択肢が比較的多くなる, 3点目は、「精神障害者保険福祉手帳(通称:障害者手帳)を取得するかどうか」になります, うつの状態を客観的に見て判断してくれる専門家・支援者の存在があった方が、転職を有利に進めることができるのです, オープン就労でもクローズ就労でも、基本的には体調不良者に対する配慮が行き届いた企業かどうかが分かれ目になってきます, ポイントの一点目は、「うつや障害のある人のためにメンタルヘルス研修などを実施しているかどうか」です, 経営陣や人事担当者がメンタルヘルスに理解のある企業であれば、クローズ就労であってもきちんとケアをしてもらえるため、職場定着もスムーズに進むはずです, 例えばフレックス制や裁量労働制などの柔軟な勤務形態を取っている企業であれば、職場定着がスムーズに進みます, 給料・ボーナス・昇給・昇進などの待遇や、通勤時間・経路・手段、休日の曜日・日数などです, わたしがオススメしたいのは、法律に基づいて設置されている就労移行支援事業所の活用です, 就労移行支援事業とは、障害者総合支援法に基づいて行われる、障害のある方向けの就労支援サービスです.

サンサン ワイナリー 求人 7, Twitter ブロック フォロー解除 16, オンライン すごろく 友達と 4, お風呂 垢 浮く 5, フレア溶接 すみ肉溶接 違い 13, 平野紫耀 動画 まとめ 4, 冷めてる彼氏 振り向かせる 遠距離 7, Wsd F30sc バンド交換 4, 前歯 隙間 子供 14, トランク 穴埋め シール 6, Arcade Roms Pack 6, 湯沢市 院内 火事 6, プレドニゾロン 犬 通販 6, ポメラニアン ブリーダー 安い 7, Esprimo Wf2 C3 分解 8, 木造 軒高 9m超 適判 5, 夏みかん 棒 寒天 6, 大阪ガス Cm おさき 4, しっぽの 見えるツム ツムツムランド 54, ネジ サビ取り 酢 4, Newみんなのゴルフ コンドル イーグルシティ 4, Coldfusion 全角 半角 変換 7, 布団 コインランドリー 乾燥のみ 11, 住友 Dl 防水 23, 高校 教科書 採択率 全国 5,

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *