window.addEventListener('load', function() { 釘や金具を確認し、飛び出ている場合は処置して下地処理をしておきましょう。, 塗料の飛散を防ぎ、綺麗な仕上がりにするためにマスキングテープを貼って養生をしていきます。養生をしておくと作業性も高まるので、塗装用マスキングテープを用意しておくのがおすすめです。, 刷毛やローラーを使って、木目に沿って塗っていきます。木材の隙間、隅、平面の順番で仕上げましょう。刷毛が入りにくい場合は、「隙間用ベンダー」を用意しておくと塗りやすくなります。 DIYでウッドデッキ塗装をする方もいますが、塗料選びや施工方法、注意点をしっかりと把握していないと綺麗な仕上がりにならないこともあるので注意が必要です。 } else { 主成分は水で、油性塗料よりも耐久性は劣りますが、臭いが少なく扱いやすい塗料です。乾燥に時間がかかるので作業性が低いデメリットがあります。, 【油性塗料】 こんにちは。ウッドデッキ材専門店『サニーウッド』代表のキノシタです。以前もウッドデッキの再塗装についてのブログを書いたのですが、先日あるお客様からのお問い合わせで、「ウッドデッキの塗装は、ハケかローラーのどちらがいいです そろそろした方が良いかなと思いながらも、後回しにしてしまう事もよくあると思います。, ウッドデッキの塗り替えは、一般的に3年や5年ぐらいで塗り替えるのが良いと言われています。, ただ、日光の当たり具合や雨風の影響など、環境によって2年ぐらいで劣化し始めたりするなど、実際の適した時期はかなり前後してきます。, 我が家では、初めは屋根やサンシェードが無かったり、ウサギをウッドデッキの上で飼っていたりで傷みやすかったのか、1~2年ぐらいで結構傷んできていました。, そして、一度塗り替えをしていたのですが、それから1〜2年経った今で、また色褪せてきていました。, そんなに年数が経っていなくても、見た感じで色褪せている場合は、塗り替えを検討した方が無難かと思います。, ウッドデッキの作業に向いている日は、気温も湿度もちょうどの春か秋の天気の良い日です。, また、冬は乾燥しているので、晴れている場合は乾きやすいのですが、朝に霜がでたりでウッドデッキが濡れてしまっている場合もあるのであまり向いていません。, ただ、春も秋もどちらも雨の時期があるので、春の場合は「梅雨が来る前」に、秋の場合は「台風が過ぎて落ち着いた後」に、天気予報を確認しながら作業日を決めましょう。, 逆に道具を揃えていなかったり、ウッドデッキの状態を把握していなかったりした場合は、作業に色々と手間取ってしまう事もあります。, ウッドデッキの塗装でする事は、大きく考えると「片付け・掃除」と「塗料を塗る」の2つです。, ウッドデッキの状態によっても用意する物は少し変わってくるかも知れませんが、大体は下記の物を用意しておけば問題ないと思います。, 正直いらない物もあると思いますが、これだけ揃えていれば、スムーズに作業できるでしょう。, まずは、ウッドデッキの片付けや掃除ですが、ウッドデッキの状態によっては、塗り始めるまでが一番大変です。, 特に「部屋の一部として使用しているか」、「庭の一部として使用しているか」で、汚れ具合も大きく変わってきます。, 我が家の場合は、ガーデニングや子供の砂遊び、ウサギの遊び場所といったように、庭の一部としての使い方だったので、泥汚れも結構なものでした。, 片付けと掃除だけでも結構な時間が掛かりますので、何日か前からやっておくか、遅くても朝一からやり始めないと塗装まで辿り着けない可能性も…。, とりあえずは、草木達や遊び道具などが一杯なので、置いているものを移動させて掃除が出来る状態にします。, 水洗いしたり、二度塗りをする場合は、1日で終わらない場合もあるので、長時間置いておける場所に移動しておきましょう。, もしかしたら、詰まること自体が一般的ではないかも知れないのですが、ウッドデッキの板の隙間が土や草で詰まっている場合は、水捌けも悪くなるのでしっかり掃除が必要です。, 初めはゴミ拾い用のトングでしていましたが、トングではかなり時間が掛かっていたので、百均の小さなノコギリでやってみるとスムーズに綺麗になりました。, ウッドデッキの表面が汚れている場合の泥落としなどは、「ブラシ」や「高圧洗浄機」などでやっていきましょう。, ささくれ等を無くしたり、塗装をより浸透させる為には、研磨をしておくと、見た目も綺麗に仕上がるのでオススメです。, 元々がそんなに汚れていないウッドデッキの場合は、研磨をして掃き掃除するだけでも良いかも知れません。, 今回は、サンダーが家にはなかった事と、泥汚れがかなりついていた事もあり、研磨はしませんでした。, 実は研磨も頑張ろうと紙やすりを用意していたのですが、少しやってみたものの、時間も手の疲労もかなりだったので諦めました…。, 頑張って力を入れて擦ると、ちょっとやっただけでもそれなりに綺麗になりますが、やっぱりサンダ―がないと厳しいと思います。, いざ塗料を塗る時ですが、時間や綺麗さを考えると、ケチケチせずにたっぷり塗っていった方が良いと思います。, そのために、塗料については、価格は上がりますが大きめの容量の物を購入した方が良いでしょう。, ちなみに我が家では、二度塗り分が少ししか残ってなかったので、その分が小さな木の棚に塗られていきました。, ウッドデッキを塗る時は、壁などに塗料がつかないように養生し、端っこから順々に塗料を塗っていきましょう。, 正直、塗ること自体は特別難しくもないので、ある程度楽しんで塗っていけると思います。, ちなみに、二度塗りするタイプの塗料だったので、後日に改めて塗料を手に入れてから重ね塗りはしました。, 個人的には、ちょっとしたデコボコがあっても塗り残しをしにくいので、ハケで塗る方がオススメです。, ローラーで塗る方が早くて楽かも知れませんが、塗る量の細かい調整が難しいのと、塗料の減りが早くて量を多く使う(ヘタなだけかも?)ような気がします。, ただ、横側を塗る時などは、塗料が垂れにくいのでローラーの方が使いやすいかも知れません。, どっちで塗るか迷った場合は、場所で使い分けるなどして、どちらも併用して使うと塗り易いと思います。, 今回ウッドデッキの塗り替えをして、改めて道具の準備や手入れはしっかりしておかないといけないなと感じました。, 当たり前ですが、道具は普段からしっかりと保管しておかないと、いざという時に使えなくなってしまいます。, 私はブラシ派なのですが、今回の塗り替えでウッドデッキに使用した時に、途中で折れてしまい、隣の実家にあった高圧洗浄機を急遽借りる事にしました。, ブラシについては、普段から雨風にさらされている所に置いていたから脆くなってしまったと思うので反省です。, また、普段使わない高圧洗浄機を調整せずにいきなり使ったので、結構ウッドデッキが削れてしまいました。, 何箇所か削れてしまったので、削れた所の周りは被害を抑えるために、今回はそれ以上はあまり触れないようにしました。, 塗り替え前は明らかに色が剥げて、「劣化しないように早く塗り替えしないと」と少し焦ってましたが、塗り替え後は色はもちろん、木の状態も良くなった気がします。, 少し前の塗料が残っている部分が色ムラになってしまいましたが、今回は防虫・防腐の効果がメインで考えていたので、あまり気になりません。, 何はともあれ、それなりに自分でウッドデッキの塗り替えをしても、満足いく結果でした。, ウッドデッキを長持ちさせる事を考えると、これからは1〜2年毎には、塗り替えをしていきたいと思います。, ただ、次回塗る時は、サンダーを購入して、しっかり研磨もしてから塗っていきたいと思います。. 乾燥や皮脂の過剰分泌などが原因で発生する「頭皮のフケ」。清潔にしていても起こることもあり、シャンプーを見直すことで改善する可能性も。しかし、コタ・ハル・コラージュフルフルなどたくさんのブランドがあり、アミノ酸洗浄成分配合・薬用成分入り・メンズ用など種類も豊富なので、最適なものを選ぶのは難... 普段の歯磨きに取り入れて、美しく白い歯にするホワイトニング歯磨き粉。薬局や通販でも、たくさんの商品が販売されています。しかし、研磨剤不使用で歯を傷つけにくいものや「クレスト」「マービス」など海外製の効果が高そうなもの、口コミで評判のものなどいろいろあって、どれが効果的なのか見分けるのは難... ゲーム機本体、プレイステーション4(PS4)ソフト、プレイステーション3(PS3)ソフト, 夏期4~6時間、冬期8~12時間(吸い込みが大きい木部)/夏期24時間、冬期2~3日(吸い込みが小さい木部), 20℃で約1時間、冬季約2時間(指触)/20℃で約6時間、冬季約12時間(半硬化). お家に彩を与えるウッドデッキ。 見た目もオシャレになりますし、バーベキューもできたりと機能としても便利です。 ウッドデッキはいつまでもキレイにしておきたいですよね。, そんなウッドデッキを長い間キレイに保つ為には、どのタイミングでどのようにメンテナンスをしたら良いのでしょうか。, ウッドデッキの劣化状況は日光や雨風の当たり方等、様々な条件で変わってきます。その為、一概に何年で塗り替えるべきだということが難しいのが現状です。 ただ、一般的には3~5年で塗り替えをしていくと木材が長持ちすると言われています。, 以上のような症状になると、木材が中で腐っている場合もあるので、定期的なメンテナンスが必要です。, ・磨耗が発生する箇所(手すり・人が頻繁に歩く箇所等)は状態をみながら随時。 平面(デッキ床・笠木等)で日当たりが強い箇所1~3年。, 上記期間内であっても、水はけが悪くなってきた、表面の塗装がはがれてきた、ササクレができてきた、汚れが目立つようになってきた場合は再塗装することをオススメします。, 業者に補修を依頼する場合、全補修、全塗装、使用する塗料や修理業者等によっても違いはありますが、ウッドデッキの修理費用はおよそ7~10万円前後が相場となります。内訳としては材料費がおよそ1万円、大工施工費がおよそ2万円、塗装は2回塗りとして塗料代と施工費でおよそ4万円となります。 さらには諸経費や消費税も上乗せされますので、およそ1万円を上乗せすることになります。 劣化状態によって上記の金額が多少前後することが考えられます。, ウッドデッキ面積の大小にも関わりますが、平均最低価格は2万円~、最多価格帯は2万円~9万円程度が相場となっています。, DIYでされる場合には、施工費などがカットされますので、最低でもおよそ2万~と考えると大丈夫でしょう。, 木材塗料には、塗膜を作るタイプの「造膜タイプの塗料」、木材に浸透して木材が腐るのを防ぐタイプの塗料「浸透タイプの塗料」の2種類があります。, なぜかと言いますと、造膜タイプの塗料だと塗膜が劣化してヒビが入った場合、雨水が浸入してしまいます。, また、水分は塗膜があるが為になかなか乾きません。これが原因で木材を腐らせてしまうことになってしまうのです。, また、日光が直接当たりやすいところでは、塗膜が剥がれやすくなる為、浸透タイプの塗料の方が耐久性としては比較的優れています。, 油性(溶剤)塗料は主成分が油で、耐久性が優れていますが、 ホルムアルデヒドなどの有害な化学物質を放出する製品もあります。 また、粘度が高いため塗りにくいときにはシンナーで薄めます。, 水性塗料は油性に比べ耐久性は劣りますが、主成分が水の為、塗料が乾燥するときに有害な物質を出さず、施工時の臭いも少ないので安心です。, 水性、油性どちらが良いのか一概には言えませんが、浸透性、耐久性の高さから油性を使用する方が多い傾向にあります。, キシラデコールは、 ・木材に浸透し、表面に余分な塗膜を作らない ・木の通気性を保つ為、木の呼吸を妨げない ・塗膜の膨れ、割れが起こりにくい ・刷毛捌きが良い ・塗りムラになりにくいので、仕上げが簡単, 業者に頼んだ場合、以上の流れを正しく守っているか、自分の目でチェックすることが大切です。, 塗装の基本的な流れと同じく、業者に頼んだ場合は以上のポイント正しく押さえているか、自分の目でチェックすることが大切です。 また、DIYでメンテナンスをする際には上記のポイント押さえて行うと良いでしょう。, 先ほどまでは業者に頼んで塗装をすることを想定して書きました。しかし、ウッドデッキはDIYでメンテナンスする方が多いので、ここからはDIYで塗装をする方へ注意点とポイントをお伝えしたいと思います。, いかがだったでしょうか??自分で塗装する自信があまりない方は業者に頼むのも良し、自分でDIYにチャレンジしたい、低コストで塗装したいという方はDIYやるのも良し。 せっかく取り付けたウッドデッキなので、ご自身にあった方法でキレイな状態を保ちましょう! DIYをされる場合は手順を守り、ポイントを押さえて取り組みましょう!, 「リフォームジャーナル」の運用を行なうプロタイムズとは・・・お客様の安心と満足のため、塗装業界全体の信頼・品質の向上を実現する組織です。, お客様のお悩み改善のため、全国のプロタイムズ加盟店よりご要望に沿った、お見積もりをご提出させていただきます。, ※2019年は全国で10,355棟のお見積りをご提出。 ※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。, //記事内フォーム用 デバイス判定 外壁.comはネット上の見積り価格そのままで施工可能!明瞭で適正な価格と工事をご提供致します。, 木のぬくもりが感じられ、くつろぎの空間として人気のあるウッドデッキ。バルコニーやベランダ、屋上、中庭などあらゆる場所にウッドデッキを設置している住宅が多くあります。 庭にあるウッドデッキ(濡れ縁)の「塗装が剥がれてきた、ささくれが出てきて危ない」というような状態になっていませんか??, ウッドデッキは劣化の症状が見え始めたらメンテナンスが必要です。なぜなら、劣化してきてしまうと「ささくれが手に刺さってしまう」「苔で足を滑らせてしまう」「木材が腐食して崩れてしまう」など危険だからです。, この記事では、そういったリスクを避ける為に「ウッドデッキはどのようにメンテナンスしたら良いのか」「どういった道具を使用したら良いのか」「DIYでするにはどうしたらいいのか」といった疑問をお持ちの方必見の内容となっています。, ・サンドペーパー・・・建材のささくれや残っている塗料を研磨して表面をキレイにします。, ・ウエス・・・ウッドデッキのゴミや埃等の汚れを落とす際に使用します。また、塗料を染み込ませて、雑巾掛けの要領で塗装する際に使用します。, ・マスキングテープ・・・養生をする為のマスカーの補強や、ビニールシートと併用して養生する際に使用します。, ・新聞紙・・・刷毛等に残った塗料を塗り広げる様に吸い込ませて処分する際に使用します。, ・つぎ柄・・・コテ刷毛に取り付けることで、高い箇所、床面を塗装しやすくする際に使用します。, ・受け皿・・・刷毛やコテ刷毛といった道具に塗料を染み込ませる為に塗料を移し変える際に使用します。, 木材塗料には、塗膜を作るタイプの「造膜タイプの塗料」、木材に浸透して木材が腐るのを防ぐタイプの塗料「浸透タイプの塗料」の2種類があります。, なぜかと言いますと、造膜タイプの塗料だと塗膜が劣化してヒビが入った場合、雨水が浸入してしまいます。また、水分は塗膜があるが為になかなか乾きません。これが原因で木材を腐らせてしまうことになってしまうのです。また、日光が直接当たりやすいところでは、塗膜が剥がれやすくなる為、浸透タイプの塗料の方が耐久性としては比較的優れています。, 一般的に耐久性が高いのは油性塗料だと言われています。しかし、近年では水性塗料の耐久性も高くなってきています。, 水性、油性どちらが良いのか一概には言えませんが、浸透性、耐久性の高さから油性を使用する方が多い傾向にあります。, キシラデコールは、 ・木材に浸透し、表面に余分な塗膜を作らない ・木の通気性を保つ為、木の呼吸を妨げない ・塗膜の膨れ、割れが起こりにくい ・刷毛捌きが良い ・塗りムラになりにくいので、仕上げが簡単, ウッドデッキ塗装の手法は4つあります。それぞれのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。, 一つの手法にこだわるのではなく、広い面積はコテ刷毛もしくはローラー、狭い隙間等は刷毛や雑巾を併用して、上手く使い分けましょう。, 藻やカビ、その他汚れ等を洗浄します。高圧洗浄機を使用する場合は、木を傷つけないように注意して下さい。また、木材が湿ったまま塗装をすると塗膜の剥離が起きてしまうので、十分乾燥させましょう。, 造膜タイプの塗料が残っている場合、再塗装時に塗料がのりにくいので、サンダーで落とします。研磨することで木材と塗料の密着が良くなるので、浸透タイプの塗料の場合でも研磨することをオススメします。, 画像出典:http://www.wagokorokoubou.com/index.php, 塗料の飛散を防ぐ為、塗らない箇所をビニールやテープ(マスカー等)を貼って養生します。, 塗装の始めと終わりで色の濃淡が変わってしまうので、塗料缶を良く振り、攪拌棒で良く混ぜることで塗料を均一にしましょう。, 中で塗料の成分が分離している為、塗料を容器から出す前に良く振ってください。塗料を塗る際は、急がずに均等に塗り拡げるようにしましょう。二回以上塗装することを心掛けましょう。, 塗料を均一に塗るように心掛けましょう。下塗り、中塗り、上塗りと3回の工程を行い、均一に厚い塗膜をつくることで耐久性の高い丈夫な塗膜になります。薄くなってしまった場合は、塗装が完全に乾燥してからもう一度塗り重ねると厚く丈夫な塗膜になります。, 何面がある柱などを塗装する場合、一度に全ての面を塗らずに何面かだけを塗り、完全に乾燥してから他の面を塗るとキレイに仕上げることができます。, 塗り残しがあった場合、塗料が完全に乾燥してから小さな刷毛で修正するとキレイに仕上げることができます。塗装が乾く前に触れてしまうと塗膜を引っ張てしまい、美観が損なわれる恐れがあるので注意が必要です。, ウッドデッキ塗装に必要な道具を揃える際、主流となっているのがホームセンターです。ホームセンターでは木材と言った建材から衣類や食品までありとあらゆるものが揃っています。, 一方、アマゾン、yahoo、専門店のサイトと言ったECサイトはどうでしょうか。今では野菜から衣類、もちろん塗料までありとあらゆるものをネットで買うことができます。, メリット:すぐに家で買い物が出来る、レビューを見て商品の良し悪しを知ることが出来る, また、ECサイトについてはサイトごとに「~円以上で送料無料」等と送料が違ってくることも要チェックです。, 手を溶剤から守ることを見落としがちな方が多いようです。塗装をする際の保護具として保護手袋を用意しましょう。, 塗装や、溶剤に触れる作業に適した耐溶剤性のある手袋です。簡易なゴム手袋や軍手は逆に危険を呼び込む可能性があるので、注意しましょう。, いかがだったでしょうか??オススメとして、ウッドデッキ塗装は浸透タイプで油性の塗料で塗装することがオススメです。せっかく取り付けたウッドデッキなので、ご自身にあった方法でキレイな状態を保ちましょう!!DIYをされる場合は手順を守り、ポイントを押さえて取り組みましょう!!, 「リフォームジャーナル」の運用を行なうプロタイムズとは・・・お客様の安心と満足のため、塗装業界全体の信頼・品質の向上を実現する組織です。, お客様のお悩み改善のため、全国のプロタイムズ加盟店よりご要望に沿った、お見積もりをご提出させていただきます。, ※2019年は全国で10,355棟のお見積りをご提出。 ※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。, //記事内フォーム用 デバイス判定 ウッドデッキ塗装に必要な道具を揃える際、主流となっているのがホームセンターです。ホームセンターでは木材と言った建材から衣類や食品までありとあらゆるものが揃っています。 ウッドデッキの塗装に関するよくある質問を紹介します。 A.「完全に必要ない」というわけではありませんが、一般的な木材(ソフトウッド)に比べてメンテナンスの回数が少ない木材はあります。 「ハードウッド」という、細かい繊維が高密度で集まった、とても硬くて重い木材です。腐食や虫害に強く、防腐剤や防虫剤を施さなくても、20年から30年間メンテナンスなしで問題ありません。 A.ウッドデッキの塗装範囲によって … nurikae Copyright(c)2015 Speee, Inc.All rights reserved. ウッドデッキの塗り替えの時期は? ウッドデッキの塗り替えは、 一般的に3年や5年ぐらいで塗り替えるのが良い と言われています。 ただ、 日光の当たり具合や雨風の影響など、環境によって2年ぐらいで劣化し始めたりするなど、実際の適した時期はかなり前後してきます 。 いわゆる「ペンキ」と呼ばれるタイプで、木材の表面に塗膜を作って強力に水をはじくのが特徴。木目が隠れてしまいますが、経年劣化した木材がきれいによみがえります。ただし日光に弱く、塗膜がひび割れると腐食が進行してしまうのが難点。日陰のデッキに使うか、UVカット効果の高いものを選びましょう。, 「油性塗料」と表記のあるものは水弾きが良く、耐水性や耐久性が抜群です。木材をしっかり保護してくれるので、メンテナンスにあまり時間をかけずにきれいな状態を長持ちさせたい人におすすめ。その反面で臭いが強く、粘度を薄めるために専用のうすめ液が必要になるなどの扱いにくさがあります。, 水を主成分とする「水性塗料」ならイヤな臭いがなく、有害物質も比較的少ないので、安全性にこだわりたい方におすすめです。粘性が低くいため塗りやすく、専用の有機溶剤を使わずに刷⽑が洗えるため片付けも簡単。油性に比べると耐久性は劣りますが、最近は乾燥の早い優秀な商品も発売されています。, なお、より安全性を重視したいなら、水性塗料の中でも「自然系塗料」と表記されたものを選ぶのが◎。酸素を取り込み酸化重合反応の作用で乾燥するので、有機溶剤や有機顔料、塗料添加剤などの化学物質を必要としません。天然油脂や樹脂を主原料に作られており、人体・環境ともに安全性が高いので、小さなお子さんやペットを飼っているご家庭に特におすすめですよ。, 薄めの色を選んでおけば失敗は少ないのですが、木材の劣化が進行している場合は濃い目の色を塗ったほうがカバーしやすいことも。ただ実際に塗ってみると、なかなか色見本通りにはいかないものです。まずは隅っこで試し塗りをして、重ね塗りで色を調整していきましょう。, なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月18日時点)をもとにして順位付けしました。, ウッドデッキのカビや虫を防ぐ効果が期待できる、アサヒペンの「ウッドガード」。鮮やかなカラーを長持ちさせたい方にもぴったりです。ウッドデッキだけでなく、窓枠や門扉などにも使えて便利。耐水性・耐光性がよく、安全性にも配慮した薬剤を使用している嬉しい商品です。, 鮮やかなブルーやイエローなどを含む、全16色のカラーバリエーションが魅力の水性塗料。着色力が強いので、たった1回塗るだけでOKの便利なタイプです。変色した古材も色鮮やかに。経年劣化が目立ってきたウッドデッキの塗り替えにもおすすめです。, 防カビや防腐の他、防藻効果にも期待できる油性タイプの塗料。ウッドデッキの藻にお困りの方には特におすすめです。日焼けで木材が褪せてしまうのを防ぐのにも役立ちますよ。木目を隠さない半透明タイプなので、木の質感や見た目を活かしたいという方にもぴったりです。, 「ノンロット205N」は、木の持つ通気性を損なわずに保護効果を高められる塗料。カビや虫を防ぐ効果だけでなく、撥水や耐紫外線にも期待できるところが強みです。塗りやすく、1回目を塗り終えた後に要する乾燥時間も比較的短いので、作業効率を重視したい方にもぴったりでしょう。, ウッドデッキへ塗布すると、およそ6年も保護持続効果が期待できる「オリンピックマキシマム」のセミ(半透明)タイプ。塗り直しの回数を減らしたいという方におすすめです。, こちらのセミタイプが48色、不透明のソリッドは112色、そしてクリア1色と、計161色ものバリエーション。きっとあなた好みの色が見つかりますよ。, 塗料のニオイが苦手な方におすすめしたい、微臭タイプの「ウッディガード」。ウッドデッキや門扉、ラティスなど、屋外の木部・木製品に使用できます。, 粒子の細かな浸透型顔料が使われているので、木目を美しく見せることができますよ。撥水や耐UV効果にも期待できる優れものです。, ウッドデッキの木の色味をそのまま活かしたい場合は、こちらの透明なニスタイプをおすすめします。屋内外両方に使える木部用で、耐候性に優れているのも魅力。, 塗布するだけで、木部に美しい光沢が出るだけでなく、風雨から木を保護するのにも役立ちます。着色塗料を塗った後の仕上げにもぴったりです。, ウッドデッキをはじめ、ラティスや犬小屋、テーブルやイスなど、あらゆる木材に対応した万能な塗料です。紫外線による木材の劣化を防止する保護剤としても機能します。, シックハウスに係る溶剤を使っておらず、食品衛生法・米国FDAの規格基準も満たしているため、お子さんやペットのいる家庭にもおすすめ。低臭タイプで作業性も良いですよ。, 水を弾いて木材のダメージを軽減するのに役立つ撥水性塗料です。雨などが染み込むのをブロックし、ホコリ汚れが付着するのを防止。さらに、木材の吸水性を抑えることにより、防腐性にも期待できます。, また、湿気と乾燥を繰り返すことでおこりやすくなる、木材の割れや反りを防ぐことも!ウッドデッキの保護にはうってつけですね。全部で17色のカラーが用意され、どれもナチュラルな木の質感を活かすものばかりです。, 塗料を使ってきれいに塗れるか心配、という方におすすめの「スーパーウッドステイン」。油性ながら粘度が低いので塗りやすく、塗料の広がりも良いので作業性も抜群です。これなら初めての方でも扱いやすいですね。, カビや虫の発生、腐れなどを防ぐ効果に期待できるので、木材の保護に最適。ウッドデッキやログハウス、窓枠など、屋外のさまざまな木部に使用できます。クリアカラーは単独使用には向かないため、下塗り用としてご使用くださいね。, 「キシラデコール」も、初めての方におすすめできるウッドデッキ用塗料です。色ムラになりにくく、刷毛さばきも容易で初めての方でも扱いやすいですよ。塗料は耐候性に優れており、見た目の美しさと木材の保護効果が持続しやすいのも強み。, 塗膜を作らない浸透型のため、塗り替えの際はホコリを落とすだけで手軽に塗布できるのも嬉しいポイントです。白系・茶系・黒系と、カラーは17色展開。防カビ・防虫・防腐効果への期待もでき、ウッドデッキのあるご家庭におすすめです。, ウッドデッキ塗料のおすすめ商品を、人気ランキング形式でご紹介しました。お気に入りの商品は見つかりましたか?, ウッドデッキの塗装は業者に依頼すると結構なお値段がかかりますが、自分で行えば材料費だけ。しかも「自分で作った!」という達成感も味わえます。とはいえ、ウッドデッキの塗装は大仕事で頻繁に作業するわけにいきませんから、良い商品を選んで、美しいウッドデッキを長くキープしていきましょう。, 当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。, そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。, お庭のウッドデッキのメンテナンスに欠かせない「ウッドデッキ塗料」。定期的に塗装をほどこして、きれいにしておきたいですよね。しかし、一口にウッドデッキ塗料といっても、油性と水性があり、浸透タイプ・塗膜タイプなど種類もさまざま。そのうえ、各メーカーごとに色合いも豊富なため、どれを選べば良いか迷ってしまいませんか。, ウッドデッキ用の塗料を選ぶときは、まず「屋外木部用」と「木材保護着色塗料」の表記を確認しましょう。金属フェンスや屋内の家具に塗る塗料は、ウッドデッキには使えません。雨にさらされる屋外の木材用であることを、しっかり確認することが重要です。, ウッドデッキ用の塗料は、機能性の違いにより次の2つのタイプに分けられます。木材の状況や好みの仕上がりに合わせて選んでいきましょう。, 木目や木の風合いを損ねたくないなら、「浸透タイプ」の塗料がおすすめです。「ステイン系塗料」とも呼ばれ、ウッドデッキ塗料として非常に人気。塗料が木材内部に浸透して、内側から防腐効果などを発揮してくれます。ただし耐久性には劣るため、1~3年を目途に塗り替えが必要です。, 浸透タイプ(ステイン塗料)は、さらに「水性」と「油性」に分けられます。それぞれの特徴を押さえて、より使いやすいものを選んでいきましょう。, ウッドデッキに使う塗料にはさまざまな種類があり、それぞれ効果の違いがありますが、いくつか比べてみても悩んで選べない場合は、ウッドデッキを設置している場所も考慮してみましょう。例えば直接雨にさらされる場所なら強い撥水効果があるものを、日陰なら防カビ性や防藻性が高いものがおすすめです。, ウッドデッキの仕上がりは、いかにしっかり乾燥するかにかかっています。表面は乾いてみえても内部の乾燥には時間がかかるため、焦って重ね塗りをするとムラになってしまうことも。塗料の説明書を充分に確認し、しっかり乾燥できるものを選びましょう。, ウッドデッキはお庭で大きな面積を占めるため、仕上りの色はお庭の印象を左右します。どんな色がいいのかは住む人の好みによりますが、もし迷ってしまった場合は外壁やウッドデッキに続くお部屋の床材の色にあわせると、違和感が出にくいですよ。, それでは最後に、ウッドデッキの塗装をきれいに仕上げるために役立つポイントをお伝えします。, どんなに耐久性の良い塗料でも、屋外で雨風にさらされるウッドデッキに塗ると数年で劣化してしまいます。2回目以降の塗装を検討する場合は、前回と同じ塗料のタイプを選ぶのがベター。特に前回油性塗料を塗った後に水性塗料を塗ると、塗料が弾かれてきれいに仕上がりません。, 上手にウッドデッキの塗装を仕上げるポイントは、塗料をしっかり混ぜること。混ぜ方が不十分だと塗装開始時と終了時で塗料の色むらができてしまいます。塗料は最初に攪拌棒でしっかり混ぜてから、木目にそって塗っていきましょう。, 塗装のタイミングはウッドデッキが置かれた環境によっても違いますが、一般的に3~5年に1度を目安にすると、木材が美しく保てます。具体的には汚れが目立ち、デッキの色が全体的に色あせてきたと感じたら。, ウッドデッキを塗り替えていくときに必要な「刷毛」。どれを使っても同じだと思っていませんか?実は使用する塗料にあわせて使い分けるのが、きれいに仕上げるためのコツ。以下の記事も参考にしながら、塗料と一緒に刷毛も準備しておいてくださいね!, 一口にDIYといってもいろいろな作業がありますが、初心者でも手軽にできるのが家具や壁などの塗装です。好みの色に塗るだけで、家をポップな色合いやアンティーク調の色合いにできますね。しかし、DIY用塗料の種類はとても多く、初心者にはどれがいいのかわかりにくいもの。.

日本hp Cm 女優 2020 4, アインシュタイン ストーリー 日本語訳 5, 支保工 足場 図面 4, ナルト ペイン 名言 8, マリーゴールド ニチニチソウ 寄せ植え 8, Googleスライド パワーポイント ずれる 7, Aquos R2 64bit 4, Xo 酒 意味 12, ポケモン 個性 余り とは 5, 転送コム Buyee 違い 14, ラプンツェル オープニング 歌詞 4, Music Box(紫 ダウンロード) 10, Leawo Blu Ray Player コマ送り 5, 嫌 われ 度診断 25, ブルーハーツ ハイロウズ クロマニヨンズ 名曲 6, ポケモン 芸能人 ガチ 9, パワプロ 北斗 適正 36, Unity Prefab 表示 されない 22, Pubgモバイル サウンド設定 スピーカー 10, ささみ レンジ レシピ 人気 9, Ps4 コントローラー カバー 外し 方 4, スプラ トゥーン 2 ギア 11, ヤングマガジン 2020年06号 Zip 31, Super Mario 64 Controls Pc 4,

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *