遠藤はパスを供給する時の判断材料として「味方のポジションも見ているんですが、相手がどうプレスをかけるかを特に注意しています」と、相手の守り方に合わせた判断をすると語った。「例えば、3バックのナオ(植田直通)がボールを持った時に、ボールサイドのボランチは掴まれているけど、逆の僕はフリーだたり。相手のポジションを見てプレーすることを意識している」とコメントした。 「前半から感覚的にはうまく行っていないと思っていた。相手も守備のオーガナイズが良くて短いパスも繫ぐことができなかった。ロングボールを蹴ろうにも逆サイドのケアもうまくされていて、打開できなかった。そんな中でボランチが1枚落ちてとか、変化を付ければ良かったのかもしれない。ただ、後半は運動量が落ちてくるだろうと思っていて、実際そこを突けれたと思う。しっかり守ってカウンターから一発も狙っていた」 コロナ後初めて招集された日本代表は、カメルーン、コートジボワールと対戦。1勝1分、無失点と... 13日にオランダで日本代表との国際親善試合に臨むコートジボワール代表。代表チームは国のシン... 新型コロナウイルスの状況下、いよいよ日本代表が活動を再開した。今回の親善試合は欧州開催とな... 9日にカメルーン代表、13日にコートジボワール代表と、オランダのユトレヒトで対戦する日本代... これまでバルセロナ、バイエルン、そしてマンチェスター・シティで指揮を執ってきたジョゼップ・... 日頃に寒さが増すなか、欧州サッカーの戦いは熱さを増している。ここでは、背番号7でゴールを量... サッカー選手の人生は短く、30代になれば徐々にスパイクを脱ぐ者が増えてくる。今回は『Spo... 日頃に寒さが増すなか、欧州サッカーの戦いは熱さを増している。主要チームの各種ユニフォームは... 今月発売された「eFootball ウイニングイレブン2021」。シーズンアップデートとい... 映画の興行収入が204億円を突破するなど快進撃が続くアニメ「鬼滅の刃」。主人公のキャラクタ... 2020年11月11日はポッキーの日。そして背番号11の日だ。今回は「サッカー界で最も優れ... © Qoly.jp / football webmagazine Qoly All rights reserved. 約1年ぶりの活動となった10月ではアフリカ勢のカメルーン代表、コートジボワール代表を相手に2試合とも無失点。結果は1勝1分けで終えていたが、パナマ戦に勝利し2連勝となった。 「板倉はフローニンヘンでレギュラーとしてプレーしていて十分プレーできると思っていた。まだまだ早い判断でより相手の嫌がるプレーができると思うが、経験値のある吉田とディフェンスラインで共にプレーすることで、成長に繋がるプレーができたと思う。 久保建英、日本代表での「私服」で着ていたブランドが判明; イブラヒモヴィッチが映画化!「I am Zlatan」が2021年秋に公開へ

◆南野のPKで勝利!日本代表vsパナマ代表 ハイライト
3バックの中央で先発した吉田は、植田直通、板倉滉の代表経験の浅い2人を両サイドに据えた中、無失点で終えた。
◆南野のPKで勝利!日本代表vsパナマ代表 ハイライト
20歳以下のサッカー選手市場価値ランキングトップ50はこれだ! 「入りの15分については選手たちはアグレッシブにプレーしようとしていたと思う。3バックをトライしたこと、選手を大幅に入れ替えたことで、確認しながらのプレーになったと思う。合わない中でもトライはしてくれた。終盤の15分については相手が一人少ない中、カウンターのチャンスがあったにも関わらず、追加点を取れなかったのは課題だと思う」 また、「個人のパフォーマンスではもっと上げていかないと、W杯では「大事なところで権田が頼りになるよね」と言われるようにならないと」とし期待に応えられるパフォーマンスを発揮したいと語った。 ――立ち上がりと終盤の15分について 「三好は前回、チームでちょうど試合に出始めた頃だった。そして所属チームに戻り、リーグ戦やヨーロッパリーグで試合に出続け、ポジションは違ったが、彼の良さを発揮していたので今日起用した。十分に彼の持っている起点になるチャンスメークの部分では力になってくれたと思うが、もっとプレーの判断のスピードを上げること、試合を仕留める場面での決定力の部分でまだまだ上げてもらいたいと思っている」 それは、同じブンデスリーガで外国人選手として最多出場、さらに今季のブンデスリーガでは最も長くプレーする選手としてドイツで成長を続けてきた長谷部を思い起こさせる。チームのバランスを取り、攻撃と守備を司る遠藤の力は、日本代表の飛躍には欠かせなくなりそうだ。 「攻撃に関してもっとやらなければいけないという感想はあるが、守備に関しては最後のところで身体を張れていたと思う。これまで冨安と出て無失点が続いていた中、2人も『自分たちも』という気持ちで臨んでくれたと思う。そういう意識がチームがレベルアップする上で欠かせないことだと思う」 バランスの取れた2人もメンバーから外れた中、ゲームメーカーとして柴崎がチームを支えてきた。ゲームを読む力で攻守にわたって高い能力を発揮している柴崎だが、ここに来て遠藤がそれを凌駕するパフォーマンスを見せている。 ――両サイドの若い選手たちの出来について “のぞき”は許されない、VARを盗み見たスアレスがスポーツマンシップに反してイエローカード, 2カ月連続でのヨーロッパ組のみでの欧州遠征。11月シリーズの初戦となったパナマ代表戦は、1-0で勝利を収めた。 久保は遠藤のプレーについて「球際の強さと、起点のシーンでは早いパスを出してくれたので、一緒にやっていて余裕があると感じた」とコメント。「クラブで結果を出して自信を持ってきていると思うので、自分もそういう自信を吸収したいと思います」と、チームメイトでも自信を感じ取ったようだ。 ――普段組まない選手とディフェンスラインを組んだこと、3バックについて これは元日本代表の正守護神であった楢崎正剛氏の記録に並んだことになるが、「僕からしたら楢崎さんに並んだと言われるのは失礼だと思います」と謙遜。また、「15本ぐらいシュート打たれたり、PKが毎試合あれば自分の記録だと言える」とし「前線の選手から後ろまで体を張ってくれた結果の7試合だと思う」と、自分一人ではなくチーム全体の記録だと見解を述べた。 「戦う姿勢を見せてくれたという意味では嬉しく、選手たちを誇りに思うが、負けという結果に関しては悔しく思う。日本相手に前半は良い内容で対等にやれた。その点は特筆すべきだと思う。後半はPKもあり退場もあって展開が難しかった」, 日本代表のDF吉田麻也(サンプドリア)が、パナマ代表戦後にメディアの取材に応対。試合について振り返った。 森保一監督はこの試合の後半から遠藤を使うことは決めていたと試合後にコメント。その効果については「ディフェンスラインから、サイドからボールを受けて起点となり、流れが変わった」と評価。さらに「バランスの部分でもセカンドボールを拾えたり、球際の部分でも全体の良さが出せるようになったと思う」とし、個人の良さだけじゃなく、チーム全体へプラスの効果をもたらせたことを評価した。 「試合の流れを見ながらでしたが、元々後半から出場させるつもりでいた。前半なかなかボールをうまく動かせなかった中、彼が入ってディフェンスラインから、サイドからボールを受けて起点となり、流れが変わったと思う。バランスの部分でもセカンドボールを拾えたり、球際の部分でも全体の良さが出せるようになったと思う」 この試合では通常の[4-2-3-1]ではなく、3バックを採用した[3-4-2-1]で臨んだ日本。守備ではウイングバックが下がって5バック気味となり、ボランチの2人がその前に並ぶ形となった。 「橋本は前半のみの出場だったが、所属チームでは1つ前でプレーをしている。チームの戦術の違いで戸惑いはあったと思うが、何とか積極的に自分の良さを出そうとしてくれたと思う。今後に期待したい」 まず第一に、ブンデスリーガでトップのデュエル勝利数を誇る遠藤の持ち味が発揮。パナマの選手からのボール奪取を行うだけでなく、苦しくなりそうな場面には常に遠藤が顔を出してピンチを未然に防いでいた。 このプレーはブンデスリーガで揉まれていることも大きく関係する。フィジカル的に優れた相手と常日頃対峙する上では、デュエルの強さ=フィジカルの強さだけでなく、判断力に優れていなければ、デュエルで勝つことはできない。遠藤は日々積み上げたものを、最大限ピッチで表現したということだ。 しかし、攻撃時は、3バックの前に橋本、柴崎もう1列前にポジションを取り、[3-3-1-2-1]のような形に。しかし、シャドーに入ったMF久保建英(ビジャレアル)とMF三好康児(アントワープ)が高い位置を取れなかったため、柴崎の位置が苦しい形に。そして、橋本の脇をパナマに使われるシーンが増えていった。 ――日本の先発メンバーがかなり変わっていたと思うが影響は 13日、日本代表は国際親善試合でパナマ代表と対戦。後半に久保建英のスルーパスを受けた南野拓実がボックス内で倒されPKを獲得。これを自らしっかりと決めて、1-0で日本が勝利した。 そう語った遠藤は、ハーフタイムで橋本に代わって登場。すると、すぐさま日本のプレーが激変する。 ◆スタンドから分析していた前半 2年後にはカタール・ワールドカップ(W杯)が開催。権田は「僕を評価して、成長させてくれたことには、プレーして返すことが自分にできること」とピッチに立つことが恩返しだとし、「現状には満足していないし、2年後のW杯に向けて、もっと成長しないとW杯では勝てない」と、個の成長が必要だとした。 この試合はMF柴崎岳(レガネス)とMF橋本拳人(FCロストフ)の2人がボランチで先発出場。橋本は夏にFC東京からロシアへと移籍すると、1つ前のポジションで起用され得点力が開花。ここまで5ゴールを記録するなど、好調を維持していた。 ◆森保一監督(日本代表) ただ、「ディフェンスラインはボックスまで下がっていたという感じはなく、高い位置でコンパクトになったかなという印象です」とコメント。それでも、「守備と攻撃を同じものと考えるならば、そこから出て行くことが難しくなった攻撃で厚みを出せなかったのはあるかな」と語り、低い位置からの攻撃はしにくかったと反省した。ただ、「ゼロに抑えられたことは良かったと思っています」とし、GKとして無失点で終えたことを喜んだ。
◆南野のPKで勝利!日本代表vsパナマ代表 ハイライト
聞こえがいいということではなく、常にピッチ上で臨機応変に対応することを考えている遠藤。ポイントは、「相手の位置、味方の位置、自分の位置を把握することが大事だと思います」と、全ての立ち位置が決め手となると明かした。 遠藤は「ブンデスでやっていたことが出せたということ」と、日頃のプレーをしただけだとコメントしたが、そこのレベルをしっかりと表現できることは、大きく成長していることの証だろう。 「浅野はチームが勝っている中、相手が前がかってくるところをスピードを生かして最適なプレーをしてくれたと思う。特長を十分出してくれた。所属チームではトップやサイドハーフでプレーしているが、今日の試合でも良さを出しくれた。ただ、三好と同じで決定機はあったので、そこは期待を込めて決めて欲しいと思っている」, 【招集リスト】日本代表背番号が発表!「10」は引き続き南野拓実、鈴木武蔵が「11」を背負う, 長谷部誠を思わせる遠藤航が見せつけた分析力と対応力、日本代表の欠かせない軸に/日本代表コラム, 経験の浅い2人と3バックを形成したDF吉田麻也「最初からうまく行くとは思っていない」, 「楢崎さんに失礼」7試合連続無失点、GK権田修一は仲間を讃える「7試合、体を張って走ってくれている結果」. これまでの代表生活については、「順調じゃなかったのは間違い無いです」と苦難の道のりだったとコメント。「僕は吉田選手とデビュー戦が一緒のはず」とし、「吉田選手はこの前の試合で100試合出場、僕は18試合。彼は中学生 の頃から知っていて、同い年でずっとやってきた仲間です」と、大きな差があると実感。それでも「みんなが期待してくれていることにも応えられていない悔しさもある」と、難しいポジションでありながらも、ここまでの道のりへ悔しさを露わにした。 さらにテンポの良さも1つ大きく変化した要因だ。後方からのビルドアップを行う日本だが、最終ラインがボールを持つとペースダウン。ボランチに一度つけても、じっくりと前線やサイドの状況を見て展開していくことが多い。 日本代表のボランチといえば、長年キャプテンとしてプレーしたMF長谷部誠(フランクフルト)、そして代表最多キャップを誇るMF遠藤保仁(ジュビロ磐田)が挙げられるだろう。 ――遠藤の投入の変化と、彼の成長について 権田が出場していない試合では失点を喫している日本代表。「ベネズエラとのホームでの試合で大量失点もしている」とし、ちょうど1年前にパナソニックスタジアム吹田で行われた試合を回想。「日本代表として高みを目指すためにやっている中で、あの試合がいつも頭にあるので、連続無失点と言われてもしっくりこない」とし、連続無失点という感覚がないとのこと。「チームがより成熟することが大事だと思う」と、無失点記録よりもチームとしての成長が大事だとした。 ◆ボランチの外せない軸に成長 ――10月のシリーズで起用されなかった三好と板倉、また久々の招集となった橋本と浅野の評価について 守護神として先発出場した権田は、前半の守備についてコメント。「今日は3バックで守備の時は5バック気味に、前半は長友選手と室屋選手も落ちて[5-4-1]にするという感じでした。そうなれば、自ずと重心が下がると思います」と、後ろ重心になっていたことを認めた。その理由はスカウティングにもあったといい、「相手がスペースをついてくる、詰まったらロングボールを入れてくるというスカウティングもあったので、後ろが前に押し出してスペースを作らないようにしていました」と、パナマの対策の1つでもあったとしている。 その理由について、スタンドから見ていた遠藤が試合後に「拳人も間で受けていましたけど、1ボランチ気味だったので捕まりやすかったかなと思う」とコメント。ボランチ2人の関係性が難しさを生んでいたと分析した。 「今日、驚いたのは日本が3バックできたこと。とはいえ、これまでの試合で戦っていた選手も多くいて、サプライズで出た選手も含めて分析はできていた」 久保建英もランクイン! ――南野への縦への一本が多かったと思うが ――前半に関して悪い流れの中でシンプルにクリアするという選択はなかったか 「合わないからこそ、選手たちにはプレーする機会を持ってもらい、全体を合わせていきたいと思っている。チーム力を付けるには経験の浅い選手たちに出場機会を与え、経験のある選手たちと共に強い相手と戦っていくことが、全体の底上げにつながると思う。合わないからダメだではなく、できないことをできるようにするために選手たちは前向きにチャレンジしてくれている。私としては経験の浅い選手たちがピッチ上でトライできるように、選手起用の工夫をすることが私のチャレンジだと思う」 ◆ピッチ内でスカウティング能力を発揮 ――選手の人選によって内容がかなり変わっていると思うが 神奈川県出身。もともとは野球小僧だったが、1998年W杯をきっかけにサッカーにも熱中。ウイイレなどのサッカーゲームにも、ドはまりした。好きなリーグはよく見ていたリーガ・エスパニョーラ。.

ドキュワークス ファイル 開かない 22, Php Db 取得 4, 40代 ポニーテール 前髪 5, Z会 答案撮影 できない 4, Fire Hd 10 第7世代 5, Minecraft Forge 1558 5, ドラクエ映画 声優 ひどい 7, ディーガ ダビング 外付けhdd 9, Premiere 長方形 色 6, Bose Soundlink Mini 説明書 12, Ps3 カラオケ 遅延 解消 6, プリウス テール 殻割り 6, Pubg 敵の位置 ピン 5, レクサス Ls コトコト音 28, Zwift 3 本 ローラー パワー 4, モヘア シュシュ 編み図 5, 不動産 来店予約 キャンセル 4, ドラゴンズドグマ Switch 操作方法 4, Comet English Communication 教科書 ガイド 8, ホイップクリーム 冷凍 業務スーパー 10, 外資系 製薬会社 就職 4, 40代 傘 色 18, Orange Range 炎上 15, C言語 組み込み 勉強 9, 関関同立 大手 就職 6, メッセンジャー ライン Qrコード 4, ラズパイ 監視カメラ 複数 6, 日立 オーブンレンジ C09 4, ルパン 次元 夫婦 4, Ngt まとめ ー Akb まとめ 47, Android 通知バー 消えない 4, モンハン2g Ios 無料 9, 耳 ツボ 甲状腺 5, 育毛 飲み薬 海外 5, イジュンギ 男優 人気投票 韓国 編 24,

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *