if (document.MAX_used != ',') document.write ("&exclude=" + document.MAX_used); '&charset='+document.charset : (document.characterSet ? ・私の予想の否定(代替意見あり), ま:今回の5話を解説&考察するために、まず触れておきたい気になったことがあるんだ。, ま:今回、老倉が過去を語るシーンが2か所出てくるんだけど、その中で声のトーンが違うところがあるのね。, ま:声優さんの演技なんだとは思うんだけど、普段の老倉の声のトーンより高いところがあって、それがすごく気になったわけ。, ま:例えば、老倉が自分のことを「特別不幸なんじゃない」と阿良々木くんに言うシーンや、老倉のお母さんが食事を食べなくなったと回想するシーンなどがそうかな。, そのシーンに共通して言えるのは、私の予想だけど、本心を”隠して”発言している時だということ。, ちなみに、このぐしゃぐしゃになった紙に文字が書かれた絵が出るシーンも、そういう高いトーンでしゃべってた。, 本心や事実が別にある時にそういう高めのトーン……少女老倉に近いかな?くらいのトーンでしゃべっているんだよね。, た:なるほど。じゃあ、そういうトーンでしゃべっている時の老倉に注目してみていけばいいのかな?, ま:阿良々木くんは自分で思い出せなかったから、「自分の両親に聞く」ことと、「千石に聞く」ことによって、老倉が自分の幼なじみなんだと知ったということが判明したね。, ま:ううん。言われても「ああ、そうなんだ」と思っただけで、思い出したわけではないんだよね。, 千石以外に幼なじみがいたということを知っただけで、「そういえば、幼なじみがいたなぁ」って思い出したわけじゃないんだ。, た:それは、中学生の少女老倉が阿良々木くんに期待していたのに、本人は全く覚えていないなんて、かわいそうというか、うかばれないというか……。, た:知り合ったきっかけは、阿良々木くんのご両親が連れて帰ってきたことによるものだったんだね。, ま:最初見たときは、なんで暴力のある家に帰ってしまったんだろうと思ったけど、理由については後程わかるから、また後で解説しよう。, ま:そんな頬じゃ、そりゃ阿良々木くんの名前も噛むわなwwwただでさえ言いづらいのに。, ま:ここで羽川は阿良々木くんの動きを予測して、カップを手元に寄せる動作をして、老倉の気を引いているね。, ま:そしてさらに言うと、この紅茶のカップ、老倉本人と羽川のところには置いてあるけど、阿良々木くんのところには置いてないんだよね。, 老:お前に精一杯媚びを売って助けてもらおうとしていた……私のことを。 document.write ("'>"); @aniotaBOSSさんのツイート 阿:ああ、だけど、投げだしているのはお前もじゃないのか。, ま:老倉がまたカップを投げようとするきっかけになったセリフだけど、阿良々木くんは老倉が何を投げ出したと思って発言したんだと思う?, ま:老倉が何かを投げだしたシーンって、案外あるんだけど……ここはおそらく、中学生の時に阿良々木くんが告発してくれることを期待して頼ったことかな?, 自ら告発するんじゃなくて、嫌いなやつに告発するという責務を投げだしたことを阿良々木くんは責めたんじゃないかなーと思う。, 阿良々木くんが知っていて、老倉のことを責めることができることってここくらいかなって思うし、確か3話で中学生の時の出来事について、扇に加害者扱いされてむっとしてたし。, (ここから声のトーンが高くなる) 艦これ document.write ("zoneid=356275");document.write("&nodis=1"); ・勉強も取り戻した document.write (document.charset ? そういう事だったのか。 } document.write ("&loc=" + escape(window.location).substring(0,1600)); 終物語のアニメ第5話を解説&考察. よかった。, ただ、それ以上に陰で本体の阿良々木を攻撃していたというのが、本編的には問題になっていましたよ。, 『くらやみ』が許さなかった忍野扇のルール違反は、その実正体は阿良々木くんの自己批判を体現した怪異でありながら、自身を『くらやみ』と偽るような行動を取っていた事だったと思います。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 老:こんなやつに媚びを売ってまで助かろうとしていた自分が恥ずかしい!, ま:このシーンで、中学校の時の秘密塾の時点で老倉が阿良々木くんのことが嫌いだったことがわかったね。, それでもそれを隠して、数学を教える間に阿良々木くんが思い出して両親に家庭内暴力を告発してくれることを望んで媚びを売っていたというわけだ。, でも、さっき千石との電話のシーンで、千石が「一緒に遊ぼうとはしないし、しゃべらないし」って言っていたよね。, ま:そうだね。阿良々木くんや妹たちと遊んでいたわけではなかったけど、それでも嫌いになった理由は、この後出てくるよ。, 老:だけど、阿良々木?これは私じゃなくてもきっと同じことになっていたと思うのよ。 ・いなくなったことでお母さんの世話から解放された if ((typeof(document.MAX_ct0) != 'undefined') && (document.MAX_ct0.substring(0,4) == 'http')) { '); だから同情なんてしなくていいって。謝らなくても、償わなくてもいいって阿良々木。 document.write ("'>"); ・(阿良々木くんから前の家から引っ越した理由を聞かれて)ゴミ屋敷だったから引っ越した, 老:わかった?私がそんなに不幸じゃないってことが。 document.write ("&ct0=" + escape(document.MAX_ct0)); //]]>-->, -解説考察作品- ま :今回の5話を解説&考察するために、まず触れておきたい気になったことがあるんだ。. var m3_u = (location.protocol=='https:'?'https://cas.criteo.com/delivery/ajs.php?':'http://cas.criteo.com/delivery/ajs.php? た:何?. '); var publisherurl = "%%SITE%%"; 終物語中巻のあらすじネタバレ! 物語の時代としては、羽川翼の 「つばさタイガー」 と同じ時期になります。 暗闇の話の中で、阿良々木と忍のペアリングも 切れて忍は行方不明になっています。 デス・パレード だがしかし、行き過ぎる所はあるけれど、役に立っているということに変わりは無いんだな。 var macro = "%%SI" + "TE%%"; ・「お母さんいなくなっちゃえばいいのになんて私が思いませんように」と毎晩祈っていた var m3_u = (location.protocol=='https:'?'https://cas.criteo.com/delivery/ajs.php?':'http://cas.criteo.com/delivery/ajs.php? [CDATA[ こういうのはよくあることなの。 if (document.context) document.write ("&context=" + escape(document.context)); パンチライン 私が特別不幸なんじゃないと思うの。 //]]>-->. 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+"://platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs"); Copyright ©  自称アニオタ会議部屋 All rights reserved. ・福祉制度に頼って親子2人食べていくことができた

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *