一方、旧阪急系車両が活躍する能勢電鉄では7000系を改造した7200系が”新車”として活躍しています。今さら7000系よりも車齢が長い5000系を能勢電鉄が引き取るとは考えにくいところです。 リニューアルの効果で若く見える5000系も既に50歳超え。 阪急5000系電車(5000けいでんしゃ)は、1968年から1969年に製造された阪急電鉄の通勤形電車である。 1967年の神戸本線の架線電圧1500Vへの昇圧後に最初の1500V専用車として新造され、神戸高速鉄道と山陽電気鉄道への乗り入れに投入された 。. 元2200系の車両です。阪神・淡路大震災で被災した2250、2251編成を6000系統の番号に改番されています。 中間車に7000系が組み込まれています。車番の位置が他の6000系以降の編成よりも若干上寄りに配置されており、 ちょうど標識灯と同じ面位置にあります。 阪急6000系電車(はんきゅう6000けいでんしゃ)は、阪急電鉄が1976年に導入した通勤形電車である。, 2200系の車体と5100系の機器類を組み合わせた神宝線用車両で[1]、1976年(昭和51年)から1980年(昭和55年)にかけて126両、1985年(昭和60年)に4両の計130両が製造された。, 本項では2014年に能勢電鉄に譲渡された編成 (6002F) についても記述する。また、2018年導入の能勢電鉄7200系に改造された車両は阪急7000系にて解説する[2]。, 神宝線用として、5100系の電装品に2200系の車体を組み合わせている。製造時の編成は宝塚線用は電動車 (M) 4両と付随車 (T) 4両の4M4T編成、神戸線用はホーム有効長が6両分しかない山陽電気鉄道への直通運転も考慮し、6両の基本編成と2両の付属編成による6M2T編成が組成された。, 2019年7月[3]時点では、2200系からの編入車を含めて119両が在籍し、8両編成全ては宝塚線配置である。一部は今津南線・甲陽線用としてワンマン対応改造が施工され、3両編成となっている。, 車体は2200系と同様で、5100系と比べて窓の天地寸法が50mm拡大された。乗務員室直後の客室には窓を配さず、Hのイニシャルマークが装着されたが、1992年には新社章の導入に伴い、新社章に差し換えられている。, 6000F8両編成では、阪急初のアルミ車体が採用された。構体はアルミニウム・亜鉛・マグネシウムの三元合金による大型押出形材によって構成され、3.5tの軽量化となった[4]。ほかの6000系は普通鋼車体を採用したが、7300系の7302F以降で本格的にアルミ車体が採用された[5]。, まず最初に付随車2両が落成して6001Fに組み込まれ、その後に残りの6両が6000Fとして落成し、先述の2両もこれに組み込まれ、アルミ車体の8両編成となった[注 1]。アルミ車として、車内の製造銘板はブルー系のものが使われている。, 正面貫通扉に付けられているヘッドマーク受けはデビュー当時ついておらず、しばらくはヘッドマークをつける際はアダプターを装備したが、後に標識受けを常設する形に改められている。, 主電動機出力は140kWで、5100系と同一である。起動加速度は2.8km/h/sである。, 2200系と同様にブレーキシステムは電気指令式で、運転台にワンハンドルマスコンを採用する。7000系・8000系・8200系・9000系と連結運転が可能である。, 車両番号は新造完了後の1990年2月末時点のものを示す[7]。改造による改番・車種変更は後述の当該節を参照。, 2200系からの編入車。阪急2200系電車の項も参照。Tc車の2両は2019年に7000系に編入されて消滅[8][9]。, 宝塚線用は6001Fが最初に製造され、中間に2両アルミ車が組み込まれた。翌年製造の6000Fは6001Fのアルミ車を組み込み全車アルミ車編成となり、6001Fは鋼製の付随車を組み込んだ。編成は4M4Tを基本とする。, 神戸線用は山陽電鉄乗り入れの連解運用に充当するため、2連+6連の6M2Tを基本とする。, 1985年には神戸線の10連化用に付随車が製造された。スイープファン(補助送風機)が設置されている[4]。, 2200系や6300系と同様に、当初は白地に赤文字で「 急行 」の表示(「 特急 」の反転)であったが、1982年に黒地にオレンジ文字の表示「 急行 」に変更された[注 2]。しかし、黒地に白文字の「 普通 」表示と区別しにくいとの苦情を受け、「急行」表示は1992年に現行の快速急行と同じオレンジ地に黒文字「 急行 」に変更された。, 1990年より、外板と内装の更新工事、スイープファン搭載工事が施工された。1996年以降は補助送風機はローリーファンに変更されている[12]。, 6002Fは側扉が8000系と同等のものに変更され、側面の化粧板がツートーンとなった。1993年以降の施工編成は、車椅子スペースの設置も行われた。スイープファン施工車は、併せて車端部にベンチレーターが設置された(6000形、6600形、6760形は対象外)。, 1993年から、乗務員室後部の窓なし部分に小窓が設置された。当初は車体更新とは別メニューとして工事が進められたが、1995年頃に中断。それ以降は、車体更新等の工事実施時に限り施工された。中断時点で宝塚線に所属していた編成は全て施工されたが、当時神戸線に所属していた車両のうち、6012・6112(現6162)・6013・6113・6025・6125・6050(現7090)・6150(現7190)が2017年現在も小窓未設置の状態で残っている。, 6005Fと6006Fは、前面の表示幕を大型化している[12]。これは、同時期に行われた京都線用5300系の前面改造についても同様である。, 1997年の能勢電鉄直通の特急「日生エクスプレス」の運転開始に際し、8000系4編成に加えて6000系6011Fが直通対応車として整備された[13]。能勢電鉄用の列車無線アンテナが増設され、2本のアンテナが併設された。, 2001年の同列車増発の際には6000系の対応編成が増加し、合計5編成が直通対応となった[14]。, 1998年(平成10年)から2002年(平成14年)にかけ、検査の際に車体を再塗装するにあたり、6300系や8000系と同様に車体上部をアイボリー塗色に塗装された。これは7000系・7300系・5000系リニューアル車についても同様である。塗装変更最終期には、新塗装の6025-6125が旧塗装の6686を挟むという編成も見られた(同一ユニット内での新旧塗装の混在は、これが唯一)[15]。, 6001Fのみ、初回の塗装変更時(1998年)は試験的に前面のマルーンを多く残した塗り分け(新造時の8200系に準じた塗り分け)としたが、2002年に前面にもアイボリーが追加されるようになった。, 1998年10月に今津南線と甲陽線でワンマン運転が開始され、須磨浦公園駅乗り入れ廃止で余剰となった6000系増結編成が充当されることとなった。編成はMc-M'cの2両編成からMc-T-M'cの3両編成となり、中間車は6010Fと宝塚線所属の6007Fから捻出された。予備も含めて3両編成6本にワンマン化改造を施工した[14]。, 対応編成は6010F・6020F・6021F・6022F・6023Fと予備の6026Fで、予備編成は別の未改造の3両と合わせた6両編成を組成し、通常は今津北線で運用されている[14]。本形式の導入によってそれまで運用されていた3000系は今津北線・伊丹線へ転属した。, 工事としては車掌スイッチと戸閉回路の変更、運転台側開き戸の施錠・解錠の遠隔操作化などが実施されている[14]。戸閉回路の変更により、開閉操作をした運転台以外の運転台からの開閉操作を可能としている[14]。, 一部は前面貫通扉のワイパーが8000系列と同じ電動式に更新されている。6021F・6022F・6023Fには扉開閉予告灯が、6010F・6021F・6022Fには増粘着材噴射装置が装備されている。先頭車は予備車の6026Fを除いて自動連結器に取り替えられ、また中間付随車にCPを増設した。, 2001年9月に6007F、2002年12月に6015F[注 3]がそれぞれ内装を中心にリニューアルされた。いずれの編成も元2200系車両が含まれており、6007Fは6770号(旧2701)が、6015Fは元VVVF試作車の6762号(旧2720)と6772号(旧2721)が組み込まれている。, 概要は、側扉の窓を拡大し、車内化粧版は従来より濃いものに、床の模様を5010Fと同じものにそれぞれ変更、また、車内案内表示器とドアチャイムを設置、冷房室外機キセ(カバー)を鋼製→ステンレス製に変更などである。6015Fでは、扉上部に開閉予告灯を設置、貫通扉と乗務員室扉の車内化粧板もこげ茶色に、床の模様が茶色系のものになった他、荷棚とCPの交換が行われた。なお、他のリニューアル車で採用された緑色の着色ガラスは採用されていない。, 冷房装置の交換は、当初はリニューアル(大規模工事)施工時に限って行われていたが、後に未施工編成においても交換が進められている。編成によっては、中間の6600形1両だけ交換されている場合もある。, 宝塚線所属の6012Fの8両編成(6012-6512-6670-6680-6750-6751-6612-6112)は、2018年1月に4連化され神戸線に転属、2両が電装解除された。中間の6670-6680-6750-6751が脱車され、6612・6112は付随車化・制御車化で6692・6162に改番された[16]。6692の伊丹(神戸三宮)側のパンタグラフは残されている(その後転入した編成も同様)。脱車した付随車のうち元2200系の6750・6751は2018年3月23日付で廃車[17]、6670・6680は2018年2月に7000系7016Fに組み込まれた。, 2018年7月には6004Fが4連化され、7月21日より伊丹線での運用を開始した[18]。余剰の付随車4両(6554・6564・6574・6584)は、2018年9月に3000系3052Fと共に廃車陸送された[19]。2019年には6008Fが4連化され、2月24日より伊丹線で運用されている[20]。余剰の付随車4両(6558・6568・6578・6588)のうち6558・6568は、2019年4月に3000系3062F・5000系5591・5563と共に廃車陸送された[3]。, 1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生し、6025Fが2200系2250Fとの併結で今津北線で運用中に宝塚大劇場の大カーブ(宝塚 - 宝塚南口間)で被災、脱線した。列車は武庫川橋梁に差し掛かる寸前であり、列車があと数秒でも早く走行していた場合、河川へ転落等の大惨事の恐れもあったが、間一髪で橋梁上での脱線は免れた。, 脱線時に床下機器を損傷し自力走行が不可となったため、ジャッキアップによる復旧後、8000系に牽引されて平井車庫へ回送された。, 阪神・淡路大震災の被災により2200系の形式は消滅し、6000系に編入された[21]。, 2200系編入車の新旧番号対照は以下のとおり[22]。6000系としての総数は140両となった。その後、6050・6150については7000系に編入された。(後述), 1976年に第1編成として6001Fが4M4Tの8連で宝塚線に投入されたが、中間2両の付随車6560・6570は阪急初のアルミ車である[24]。翌1977年に6000Fの6両をアルミ車編成として投入、同時に鋼製車の6561・6571を製造し、6001Fのアルミ車と差し替え、6000Fはアルミ車統一の8両編成となった[24]。, 神戸線には6020F・6010Fが最初に配置され、山陽電鉄乗り入れ・分割併合運用への充当のため2両+6両の8両編成で製造された[24]。1977年12月より6000系による山陽電鉄乗り入れ・分割併合運用を開始した。1979年製造の6004Fのみ6両編成(6004-6504-6564-6574-6604-6104)を組んで神戸線に配置され、山陽電鉄乗り入れにも短期間使用された後、6554・6584を組み込み宝塚線に転属した。, 1980年に製造された6026Fは、将来の神戸線の朝のラッシュ時における10両編成運転を考慮して、増結編成となる大阪方2両の中間に付随車2両を組み込んで4両とし、一方で従来は6両編成だった神戸方の編成については、中間車を製造せずに2両とした4+2の6両編成として製造された。, 6026Fと6008Fについては、7000系登場後の製造のため、運転台の車掌台側に仕切りが装備されている。, 1984年に京都線に投入された6300系6330Fに合わせて、6000系の編成組成順序が従来の Mc-T-M'-T-T-M-T-M'c から Mc-M'-T-T-T-T-M-M'c に変更された[14]。変更の理由は、電動車を隣接させることによる保守の容易さと、T車の高圧引き通し線を廃することが目的である。, 1984年には、翌年に予定されている神戸線での10両編成運転に備えて、最終増備の付随車4両を製造した。2両(6671・6681)は7000系7021Fに組み込まれた。, 1985年、神戸線での10両編成運転が開始されたが、7021Fに組み込まれていた2両はそのままとなり、代わりに2200系のVVVFインバータ試験車との差し替えで抜かれた中間付随車(2750・2751)が編入され、増結編成に組み込まれた。一方、元々10両編成化を見越して製造されたはずの6026Fについては、中間車が新造されないまま、逆に増結編成の予備車を兼務することとなり、編成も2+4の6両編成に変更されている。同時に6026と6116については密着連結器・電気連結器に交換された。, 1987年から1988年にかけて、神戸線の10両編成運転が大幅に増加することになった。このとき、本系列による4両増結編成は中止され、その中間に組み込まれていた6670・6680(および2750・2751)は7000系に編入された。 なお、増結用2両編成で4両を組み、10両編成の増結車として使用されていたこともある(6023-6123+6024-6124など)。, 1992年、2200系のチョッパ車による実用試験が終了した関係で、神戸線用の一部車両に編成替えが発生した。2200系のチョッパ制御の電動車はすべて電装解除の上付随車となり、神戸線の本系列(6010F・6011F)に編入され、当時宝塚線配置であった7002F・7004Fと交換の上で宝塚線に転属した(後に6010Fは神戸線に再度転属)。一方、2200系VVVF試験車は引き続き使用されたが、4両編成に6000系の6025-6125を併結することになった。, 1998年、山陽電鉄との乗り入れが廃止されることになり、当時設定されていた夕方の今津線直通準急とその送り込み運用を除き、神戸線での6両編成運用が消滅することになった。, 1998年の山陽電鉄乗り入れ中止に伴い、宝塚線所属車も交えて編成変更が行われた。増結の2両編成は3両編成化の上、甲陽線・今津南線のワンマン運転用に転用された。3両編成は予備車の6026Fも含めて6本が用意された。基本編成の6連はT車2両を挿入して4M4Tの8連に再編成し、宝塚線に転属させることとなった。これは6000系の性能上神戸線では4M4Tで走行不能との判断によるものである。この関係で宝塚線用の6007Fに2200系からの編入車 (6770) や元6010Fの中間車だった6610-6510の電装を解除し暫定T車扱いとして組み込む改造も行われている。6760は休車となった。, また同じころ、長らく今津線運用だった6025Fが、6025-6125は7000系6両編成と連結して8両編成化され、また6050-7616-7516-6150の4両は7000系中間車を組み込み、8両編成となって神戸本線に復帰した。, 2002年には宝塚線に転属した6024Fと、休車になっていた6760との間で編成替えが行われた。6614が6024Fから外され6000Fの6600と差し替えられ、6024Fには代わって6760が編入された。このとき6114の電装は解除され、暫定Tcとなった。一方、今津線の6016Fと7000系と連結して本線運用に入っていた6025-6125との間で編成替えが行われ、6016Fが2両編成となって久々に増結運用に復帰した。, 2014年ごろには、ワンマン対応施工車の前照灯がLEDのものに交換されている。さらに2018年ごろには8両編成にも前照灯が交換された車両が出現している。, 2015年3月21日と2018年7月7日の宝塚線のダイヤ改正では、6000系の宝塚線用8連の一部が7000系・8000系2連を常時併結した10両編成となり、平日朝のみの運用となっている。2020年3月現在、6005F・6006F・6007F・6011F・6013F・6015Fが通勤特急運用に対応している。, 2016年夏ごろより、これまで箕面線の予備指定編成であった5132Fと5134Fが共に箕面線専従の車両となったことに伴い6014Fが箕面線の予備指定編成となっており、8月には箕面線で数日間運用された[25]。これ以降も箕面線専属の車両が検査等で運用を離脱した場合には6014Fが代走に入ることがあった。, また、6014Fが4両のみで正雀に入場している場合は6024Fが箕面線を代走することがあり、2017年9月に実際に代走運用に就いた[26]。しかし、2018年7月のダイヤ改正以降は4両編成に分割され、箕面線内の折り返し運用に入っている[要出典]。6014Fの箕面方先頭車の6114は暫定Tc車となっている。, 6007Fに組み込まれた電装解除車の6610・6510[注 4]は、2017年に6690・6590に改番されている。, 2019年6月13日、6050Fが正雀へ回送された[27]。その後、7616-7516-7565-7575を抜いた4両編成に短縮され、6050が7090に、6150が7190にそれぞれ改番された。出場にあたり、梅田方に7005Fを連結して7005-7105+7090-7605-7505-7190の6連を組成し、7月10日に京都線で試運転を実施した。その翌日に西宮車庫に回送され、13日より今津北線で運転されている[28]。, 編成から外されていた試作アルミ車の6600は、2011年4月28日付で廃車となった[32]。6000系初の廃車であり、阪急では初めてのアルミ車の廃車である。, 6671・6681は2017年4月7日付で7000系7025・7125とともに廃車となり[17]、能勢電鉄へ譲渡され7200系となった[33]。先述の通り、伊丹線への転属で余剰となった付随車のうち6750・6751は2018年3月23日付で廃車・解体された[17]。その後も伊丹線への転属で余剰となった付随車(6554・6564・6574・6584・6558・6568)が順次廃車されている。, 2014年7月31日、阪急電鉄から6002F編成の8両が能勢電鉄に譲渡され[34]、翌8月1日より運行を開始した[35]。従来通り阪急宝塚線で使用され、能勢電鉄内は「日生エクスプレス」限定での運用となる[34][36]。, 車体側面に能勢電鉄の社章が貼られたが、車体塗装や車両番号は阪急時代のままで変更は行われていない[35]。編成正面には移籍記念のヘッドマークが掲出された[35]。, 日生エクスプレスは1997年の運行開始以来、阪急電鉄車両による片乗り入れであったが、この車両移籍により相互乗り入れの形態となった。通常、片乗り入れだと、乗り入れた会社への乗り入れ料金が発生するが、6002Fが宝塚線での運用を続けることで、相殺できる形を取っている[35]。, 2018年に能勢電鉄が導入した7200系の中間車2両は、6000系の6671・6681を種車としている[37]。, 阪急では7021Fに6671・6681を組み込んでいたが、2015年に7001Fの6連化に際して脱車されていた7551・7581に差し替えられた。以後は正雀車庫で休車となっていたが、2017年に同じく休車していた7025Fの中間に組み込んで4連化、2017年3月25日未明に西宮車庫に回送された後、4月7日未明に阪神尼崎に回送された。阪神車両メンテナンスでの改造を経て2018年2月7日に平野車庫へ回送され[38]、2018年3月19日に営業運転を開始した。能勢電鉄初のVVVFインバータ制御車となる[39]。, 6002Fは2014年に能勢電鉄へ譲渡された。2016年4月1日現在の編成[43]。, しかし、2018年7月のダイヤ改正以降は4両編成に分割され、箕面線内の折り返し運用に入っている, その後、白地赤文字幕は2019年1月のダイヤ改正で新設された京都線の快速特急Aで復活した。, 阪急電鉄・諸河久『カラーブックス 日本の私鉄7 阪急』保育社、1990年。133頁。, 篠原丞「デビューから30年 阪急8000系・8300系の思い出」『鉄道ピクトリアル』2018年10月号、鉄道図書刊行会、26頁。, 篠原丞「阪急電鉄 現有車両プロフィール2010」『鉄道ピクトリアル』2010年8月臨時増刊号、電気車研究会。235頁。, 「大手私鉄車両ファイル 車両データバンク」『鉄道ファン』2018年8月号付録、交友社。, 篠原丞「阪急電鉄 現有車両プロフィール2010」『鉄道ピクトリアル』2010年8月号増刊、鉄道図書刊行会。259頁。, ジェー・アール・アール編『私鉄車両編成表 2012』交通新聞社、2012年、198頁。, ジェー・アール・アール編『私鉄車両編成表 2016』交通新聞社、2016年、159頁。, http://railf.jp/news/2018/02/01/173000.html, http://noseden.hankyu.co.jp/upload_file/noseden/information/20180220newsrelease1.pdf, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=阪急6000系電車&oldid=79921697, 6000-6550-6500-6560-6570-6600-6580-6100(アルミ車体), 6000-6500-6550-6560-6570-6580-6600-6100(アルミ車体), 6020-6670-6680-6120+6010-6510-6650-6660-6610-6110, 6022-2750-2751-6122+6012-6512-6652-6662-6612-6112, 阪急電鉄『HANKYU MAROON WORLD 阪急電車のすべて 2010』阪急コミュニケーションズ、2010年。.

苫小牧幼児置き去り餓死事件 長男 現在 29, レック マウント Galaxy 11, 犬 肝臓 悪い ご飯食べない 11, Unity Exe 画面サイズ 5, Izone Fiesta いつ 14, ドラクエ8 攻略 マップ 4, 猫 突っ伏し て寝る 5, 男 怒る 無視 7, Raspberry Pi Gpio 割り込み 18, Fimo 粘土 固い 5, Line 返信速度 バラバラ 17, Gta5 100万 貰え ない 13, 読書 効果 2ch 13, 特技 見つけ方 中学生 6, 水煮 たけのこ 保存方法 6, Mhxx G級序盤 ヘビィ 4, Keio Information Farm 8, 兵庫県 運送会社 ランキング 5, テック メイダイ フィルター 20, Line 返信速度 バラバラ 17, 鬼 滅 の刃 夢小説 愛 され ギャグ 5, Ao入試 志望理由書 例文 6, りんたろう Exit 痩せた 12, Fps Ping 有利 16, Maya アニメーション ウィンドウ 10, Hdmi Arc 電源連動 7, 宅建 予想問題 おすすめ 6, コーヒー 焙煎機 耐用年数 49,

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *