Custom Field Templateの使い方[WordPress] – KoToRi Blog; Advanced Custom Fields-フィールドタイプ – CMS with Komodo Edit i18n – Updated Persian translation thanks to Majix. この関数は、functions.php内で使用し、initアクションより前に実行する必要があります。 Fix – Fixed bug causing incorrect Repeater field value order in AJAX requests. どこにでも表示できます。デベロッパーフレンドリーな機能で、テーマテンプレートファイルにカスタムフィールド値を読み込んで表示できます。, 高度なカスタムフィールドプラグインは、より多くのフィールド、より多くの機能、およびより多くの柔軟性を含むプロフェッショナルバージョンでも利用可能です ! 「have_rows()」関数と「the_rows()」関数の使用は、「have_posts()」関数と「the_posts()」関数の関係に合わせる意図を持っています。   acf_add_options_page() Dev – Added new ‘pre’ filters to get, update and delete meta functions. Dev – Added compatibility for Attachments in the Post Taxonomy location rule. Tweak – Added ‘language’ to Google Maps API url. これらのサブフィールドをループさせることで現在の行からサブフィールドの値を取得することができます。     get_field_objects() 「have_rows()」関数を使ってください。, 「the_flexible_field()」関数は、廃止されました。将来削除される可能性があるため、「has_sub_field()」関数に置き換えてください。, 投稿の編集画面(Wysiwyg編集画面)で、カスタムフィールドとして保存されている値をショートコードを利用して編集することもできます。, ショートコードマーカーは、「the_field()」関数と同じ動作をします。 Advanced Custom Fieldsのフィールドタイプ「タクソノミー」の使い方.   has_sub_field()   Fix – Fixed bug in Google Maps field causing marker to snap to nearest address. i18n – Updated French Canadian translation thanks to Bérenger Zyla. WordPressには色々なテンプレートタグやプラグインがありますが、 「良くわからないからコピペ」では、初心者からは抜け出せません。, 自由自在にWordPressをカスタマイズするためにも、 意味を理解し「使いこなせる」ようになることが重要! 「脱コピペ!WordPressを”使いこなす”講座」、 始めていきたいと思いますよ!, 私keishibukiも分からないことがまだまだありますが、 一緒に頑張っていきましょう!, 第一回はカスタムフィールド系プラグイン「Advanced Custom Fields(以下ACF)」についての講座。 基本機能についてと有料アドオンの紹介。出力方法の説明。それからACFを使ったカスタマイズ例などを紹介していきたいと思います。, 基本的な使い方、 各フィールドタイプと項目解説、 ACFの関数解説 と分けて解説していきます。, 管理画面のプラグイン→新規追加→「Advanced Custom Fields」で検索。 インストールしたら有効化してください。, 僕はインストール済みなので、 「今すぐインストール」の場所が「今すぐ更新」になっています。, ACFを有効化するとサイドメニューに「カスタムフィールド」 という項目が追加されているので、クリック。, フィールドグループページが表示されますが、まだ何もカスタムフィールドを作っていないので何も表示されません。ここから作ったカスタムフィールドを編集できます。 今回は新しく作るので、「新規追加」をクリック。, するとフィールドグループを新規追加ページが表示されます。 まずはカスタムフィールドのタイトルを入力しましょう。, このタイトルはフィールドグループページ(さっきの一覧ページです) に表示されるだけですので、わかりやすい名前を付けておきましょう。, タイトルを入力したら「+フィールドの追加」をクリックしてカスタムフィールドを追加します。 何やらいろいろ項目が出てきましたが、必須項目は3つ。それぞれ解説します。, フィールドラベル 編集画面で表示される名前です。 フィールド名 フィールドは入力しただけでは表示されないので、それを表示させるときに必要になります。フィールドラベルに関連した英語を半角英数で付けておくと分かりやすいです。 フィールドタイプ カスタムフィールドの種類。テキストや画像などいろいろあります。, フィールドタイプの種類や入力項目の説明などは後ほど解説するので、 今回はとりあえずテキストを出力する簡単なカスタムフィールドを作ってみましょう。 以下の通りに入力し、公開ボタンを押してください。, これでカスタムフィールドが作成できました。 では早速投稿の「新規追加」で確認してみましょう。, 先ほども言いましたがカスタムフィールドに入力しただけでは表示されないので、 カスタムフィールドで入力した値は出力されていません。, ACFで作ったカスタムフィールドでは、フィールドタイプによって出力タグが違います。 今回はテキストのみの解説ですが、後ほど改めて解説させていただきます。, $field_name 取得する入力フィールドの「フィールド名」を指定します。必須項目です。 $post_id 取得するPOST IDを指定します。省略可能で、その場合現在表示中のページのPOST IDを取得します。, get_fieldは値を変数に格納したい場合に使います。 ちなみにecho get_field( $field_name )は先ほどのthe_field( $field_name ) と同じ機能となります。, $field_name 取得する入力フィールドの「フィールド名」を指定します。必須項目です。 $post_id 取得するPOST IDを指定します。省略可能で、その場合現在表示中のページのPOST IDを取得します。 $format_value 取得した値をフォーマット対応にするかどうかを選択します。 falseを指定するとDBの情報をそのまま出力します。, フィールドグループで登録した情報も含めてカスタムフィールドの値を取得できる関数です。ほぼほぼ上記2つで処理を行うことが可能なので使うことはほとんどありませんが、 選択肢系のフィールドの選択しの項目でキーと値を別々にした場合は get_field_object()を使います。, 詳しくは「Advanced Custom Fieldsの関数を本気出して解説してみた」という記事を投稿予定ですのでこうご期待。, さて、今回は投稿に紐づけてカスタムフィールドを表示させましたが、 カスタム投稿や固定ページに紐づけたい!という場合でもACFで簡単に設定できます。, 1つの投稿に複数のカスタムフィールドを設置するときにその順番を指定できます。 0が一番上で、数値が増えていくにつれて順番が下になります。, カスタムフィールドを設置する位置です。 High (after title) 投稿のタイトルと本文の間に設置します。 Normal (after content) 投稿の後に設置します(デフォルト)。 Side 右サイドに設置されます。, 入力フォームのデザインを変更します。 WP metaboxにすると枠がつき、少しおしゃれになります。 Seamless (no metabox) Standard (WP metabox), 投稿画面に表示しないものを設定できます。 最初に見たときは表示しないなら作らなければいいのでは?, 以上ACFの使い方基礎編でした! 今回はテキストを出力しただけですが、 次回以降紹介する様々なフィールドタイプと関数を組み合わせることによって、 自由自在にカスタムフィールドを使いこなせるようになります!, ちなみに公式サイトは(英語ですが)様々な情報が載っているので ご参考までに紹介しておきます。, 専門学校に通いながらアルバイトとして働いていたが、 2017年度の春で晴れて正社員にランクアップ。, 新潟の生産者と全国の消費者を繋ぐ産地直送型通販サービス。新潟の逸品を独自の取材内容で紹介しています。, 新潟の食・観光・暮らしにフォーカスしたWEBマガジン。鋭意コンテンツの作成を行っています。, 脱コピペ!WordPressを使いこなす講座 第一回~Advanced Custom Fields~. $post_id i18n – Updated Polish language thanks to Dariusz Zielonka. Copyright© i18n – Changed Croatian locale code from “hr_HR to “hr”. Advanced Custom Fieldsは便利で高機能なプラグインですので、全部の機能を使いこなすのは難しいですが、まずはどんなことができるのか、それを確認する上でも用意されている関数の使い方を調べてみましたのでご紹介します。, get_field() Dev – Added “google_map_result” JS filter. Fix – Fixed bug where “sync” feature imported field groups without fields. 零   オプションを配列で設定します。   この機能は、admin_menuアクション(優先度 99)より前に使用する必要があります。, $page Fix – Fixed PHP warning logged when comparing a revision that contains values for a Field that no longer exist. 「have_rows()」関数のループ内で使用される場合は、現在の行のサブフィールドの値を更新します。 ここからは、今までの応用として、カスタムフィールドを使った具体例を紹介します。 「WordPressのカテゴリやタクソノミーにカスタムフィールド項目を追加する方法」, 有料アドオンの「repeater field(繰り返しフィールド)」と「flexible content field(柔軟コンテンツフィールド)」で使われるサブフィールドの値を取得し、編集するために使用します。 Dev – Added JS filter ‘check_screen_args’. Dev – Bumped minimum supported WP version to 4.7.0. i18n – Updated Portuguese language thanks to Pedro Mendonça. Chinese (China)、Dutch、English (Canada)、English (US)、French (Canada)、French (France)、Galician、German、Japanese、Korean、Norwegian (Bokmål)、Persian、Portuguese (Angola)、Portuguese (Portugal)、Spanish (Costa Rica)、Spanish (Mexico)、Spanish (Spain)、Spanish (Venezuela)、Swedish、Turkish.    −  Dev – Added RegExp compatibility for innerBlocks. Fix – Fixed bug causing unload prompt to show incorrectly within Gutenberg. Le plugin nécessite pas mal de codes et de savoir faire mais il offre des possibilités incroyables et presque sans limite à un site WordPress. また、値を取得するだけではなくそのまま出力まで実行してくれる「the_field()」関数や、フィールド単位ではなく投稿全体の全てのカスタムフィールドの値を取得してきてくれる「get_fields()」関数なども用意されています。 Enhancement – Added duplicate functionality for Repeater and Flexible Content fields. ちなみに、オフィシャルサイトには「$field_key」を指定する際、「key」と「name」のどちらを設定する方がいいのかの説明が書かれていますが、英語のマニュアルを読んでもイマイチ正確な意味が取れないため、ここに記載するのは止めにしました。 「get_field_object()」の全項目版が「get_field_objects()」です。 エス技研 , Advanced Custom Fieldsのすてきなところ. Added toolbar across all ACF admin pages.   ちなみに、第 3引数に falseを指定すると結果が変化します。, 上記のように画像のオブジェクトを取得できる場合でも「false」を設定することで画像 IDだけを取得することができます。 取得する POST IDを指定します。必須項目ではなく、省略をすると現在表示中のページの POST IDが編集されたものとして処理されます。 投稿 IDだけではなく、オプション、タクソノミー、ユーザなども登録できます。 高度なカスタムフィールドプラグインを使用して、WordPressの編集画面とカスタムフィールドデータのコントロールを完全に制御します。. Enhancement – Added PHP validation support for Gutenberg. Dev – Added action ‘acf/options_page/submitbox_major_actions’. 「get_field()」の全項目版が「get_fields()」であるのと同じ理解で OKです。, $post_id この関数は、functions.php内で使用し、initアクションより前に実行する必要があります。   acf_form() i18n – Added Catalan translation thanks to Jordi Tarrida. Fix – Fixed bug causing Textarea field to incorrectly validate maxlength. Enhancement – Added experiment for preloading block HTML and reducing AJAX requests on page load. Fix – Fixed bug incorrectly escaping HTML in the Link field title. 「get_field()」関数と同じように、更新する POST IDを指定します。必須項目ではありません。, 「acf_set_options_page_menu()」関数は、アドオンの「オプションページ」のメインオプションページメニュー項目を変更する際に組み合わせて使用する関数です。   acf_set_options_page_title() Fix – Fixed bug affecting dynamic metabox check when selecting “default” page template. Fix – Fixed bug causing duplicate “save metabox” AJAX requests in the Gutenberg editor.   Added visual representation of where Field Groups will appear. Fix – Fixed bug sometimes displaying validation errors when saving a draft. Tweak – Improved styling of metaboxes positioned in the block editor sidebar. Fix – Fixed bug showing incorrect choices for post_template location rule. Tweak – Changed custom post status label from “Inactive” to “Disabled”. Fix – Added custom metabox location (acf_after_title) compatibility with Gutenberg.   i18n – Added French Canadian language thanks to Bérenger Zyla. ・Capability:ページ参照に必要な機能を提供します。デフォルトはオプションページのメインメニューの機能です。, この関数は、バージョンによって使用方法が異なります。この記事の内容は Ver.5の内容です。 Fix – Fixed bug in Gallery field incorrectly displaying .pdf attachments as icons. i18n – Updated French language thanks to Bérenger Zyla. Tweak – Improved punctuation throughout admin notices. $value field   例えば、「array ( load_value => false )」などです。「load_value」のデフォルトは「true」です。, 使い方に関しては「Advanced Custom Fieldsの全項目解説・公開側表示編集編/Advanced Custom Fieldsの入力値を取得する関数」にも記載をしています。   acf_set_options_page_menu() WordPressのカテゴリやタクソノミーにカスタムフィールド項目を追加する方法 Fix – Fixed unresponsive Select2 instances after duplicating a row or layout. Fix – Fixed bug causing Revision meta to incorrectly update the parent Post meta. Tweak – Improved performance of PHP registered fields. 指定できる引数は以下の通りです。 Tweak – Added place name data to Google Maps field value. 有料アドオンについては「カスタムフィールド決定版!Advanced Custom Fields全項目完全解説・管理画面編/Advanced Custom FieldsのAdd-Ons」も参考にしてみてください。, この機能は、アドオンの管理メニューに新しいサブページを追加するオプションページと組み合わせて使用します。 Advanced Custom Fieldsの関数の全部の使い方を調べてみた Fix – Fixed bug causing tinymce issues when changing between block modes.   the_field() Fix – Fixed bug causing required date picker fields to prevent form submit.   get_row_layout() Fix – Fixed bug causing incorrect value retrieval after.   Fix – Fixed JS error when selecting taxonomy terms within Gutenberg. i18n – Updated Czech translation thanks to David Rychly.  http://wpdocs.osdn.jp/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E3%81%A8%E6%A8%A9%E9%99%90 Advanced Custom Fieldsの繰り返しフィールドの使い方 Advanced Custom Fieldsのオプションページの使い方 (応用編)日付で判定する. i18n – Updated Swiss German translation thanks to Raphael Hüni. I've done a lot of custom work using this plugin. Fix – Added boolean attribute value detection to JSX parser (fixes issue with templateLock=”false”). Dev – Added filters “acf/pre_load_attachment” and “acf/load_attachment” to customize attachment details. 更新する値のフィールド名を指定します。指定は「name」か「key」で指定します。必須項目です。 Dev – Added action ‘acf/options_page/submitbox_before_major_actions’. この関数は「has_sub_fields()」関数の置き換えです。しかし、いくつか違いがあります。 $value Fix – Fixed bug causing reversed field group metabox order. Enhancement – Local JSON files now save back to their loaded source path (not “save_json” setting). Dev – Added JS action ‘check_screen_complete’.

イラレ テキストボックス 移動, ラロッシュポゼ 下地 色選び, カードケース レディース 使いやすい, 視力低下 急激 40代, エブリィ ターボ 見分け方, Khs F-20rc 2020, ケーブル 黄ばみ 原因, ロフト ラッピング 箱, アイヌ アクセサリー 通販, マクベス 舞台 佐々木蔵之介, 高島屋 お中元 ビール, イラレ テキストボックス はみ出る, スプレッドシート 日付 表示, 近鉄特急 子供 料金, Teams マイク音量 勝手に下がる, The Thor サイドバー, 保育園 夏 ズボン おすすめ, アンドロイド メール ゴミ箱 一括削除, Iphone ロック画面 アプリ, 年金 納付猶予 ハガキ,

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *